家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CES】異なる「顔」を持つVIZIOのGoogle TV

内田 泰=日経エレクトロニクス
2012/01/14 01:55
印刷用ページ
VIZIOが開発中のGoogle TV対応テレビ
VIZIOが開発中のGoogle TV対応テレビ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
タッチパッド付きの専用リモコンも開発
タッチパッド付きの専用リモコンも開発
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米テレビ・メーカー大手のVIZIO社は、米Google社のテレビ向けソフトウエア・プラットフォーム「Google TV」を採用したテレビを、CESの会場周辺のホテルでプライベート展示している。

 「V.I.A. PLUS TV」と命名されたそのテレビは、一見するとGoogle TVと認識できない。ソニーや韓国LG Electronics社のGoogle TVに共通している、ホーム画面下のメニュー・バーなどが見られないからだ。

 「これってGoogle TVですか」。記者が担当者に聞いてみると、Android 3.1(Honeycomb)をベースにChromeブラウザーなどを搭載し、Google社のアプリケーション・マーケット「Android Market」にも対応しているとの説明があった。それを聞く限り、プラットフォームとしてはGoogle TVを使っているようだ。実際、Google社がGoogle TVにおけるテレビ・メーカーのパートナーとして、VIZIO社が加わったことを発表している。

 このテレビは名前から推測されるように、VIZIO社独自のアプリケーション・マーケットである「VIZIO INTERNET APPS(V.I.A.)」にも対応している。というより、そちらの方が前面に打ち出している。そういう意味では、他社との差異化のために、Google TVを独自にカスタマイズしている部分が大きいと見られる。

 関係者の情報によると、Google TVの開発当初は、メーカーがホーム画面を独自にカスタマイズする余地は少なかったという。しかし、LG社のGoogle TVのホーム画面は、画面下のメニュー・バー以外は、同社の他のラインナップと共通しているし、VIZIO社に至ってはそれが一見Google TVなのかどうかは分からない。

 Google TVの最初のバージョン(Android 2.1ベース)が失敗に終わったこともあり、Google社は採用メーカーを増やすために、同じプラットフォームを使いながら差異化を図りたいメーカーの要望をかなり聞き入れるようになったのだろうか。

 なお、VIZIO社はV.I.A. PLUS TV向けに、前面にタッチパッド、背面にQWERTYキーボードを装備したリモコンを新たに開発した。同テレビは米国で、2012年第三四半期に発売される予定である。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング