家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【麻倉怜士CES報告5】Samsungなど、UltraViolet対応のBDプレーヤー発表

麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
2012/01/13 18:04
印刷用ページ
Samsung社が「CES」で発表したUltraViolet対応BDプレーヤー。著者が撮影。
Samsung社が「CES」で発表したUltraViolet対応BDプレーヤー。著者が撮影。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
Samsung社が発表したUltraViolet対応BDプレーヤーの解説。著者が撮影。
Samsung社が発表したUltraViolet対応BDプレーヤーの解説。著者が撮影。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 再生デバイス(端末)を跨いで、購入したデジタル・コンテンツを再生できる仕組みの著作権保護方式「UltraViolet」に対する注目が急速に盛り上がっている。韓国Samsung Electroncis社などがUltraViolet対応のBlu-ray Disc(BD)プレーヤーを世界で初めて発表した。

 UltraVioletは、DVD、BDに続く、第3のエンターテインメント・デリバリーの統一ソリューションで、The Walt Disney Co.以外のほとんどのハリウッド・スタジオ、ソニーやSamsung社をはじめとするデジタル家電メーカー、米Rovi社、米DTS社、配信業者などがサポートする。デジタル・エンターテインメントのユーザー環境として業界標準になりつつある。2011年秋に「ハリー・ポッター」などの対応DVDが発売され、現在、米国で75万人が会員登録している。

 Samsung社の新型BDプレーヤーは、対応ディスクを挿入すると自動的にUltraViolet会員への登録が完了する。認証されると、他の端末でも、自分が購入したコンテンツを自由に見られる。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング