家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CES】iPhoneを「お財布ケータイ」に、米ベンチャーがmicroSDカードでサービス開始

高橋 史忠=日経エレクトロニクス
2012/01/13 17:29
印刷用ページ
発売したNFC機能付きのmicroSDメモリーカードやカバーケース
発売したNFC機能付きのmicroSDメモリーカードやカバーケース
[クリックすると拡大した画像が開きます]
スマートフォン用のアプリは、利用者の近くにあるモバイル・ペイメントを利用可能な店舗を地図付きで表示する機能も備える
スマートフォン用のアプリは、利用者の近くにあるモバイル・ペイメントを利用可能な店舗を地図付きで表示する機能も備える
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米DeviceFidelity社は、近距離無線通信技術「NFC(near field
communication)」機能を搭載したmicroSDメモリーカードを開発した。米Spring Card
System社と組み、このカードをスマートフォンのモバイル・ペイメントに活用するサービス「moneto」を2012年1月に始めた。同月10日(米国時間)から米国ラスベガスで開催中の民生機器展示会「2012
International CES」で対応機器のデモを見せている。

 DeviceFidelity社などが始めたのは、米Apple社のスマートフォン「iPhone」と組み合わせたサービス。同社は、microSDメモリーカードとiPhone用のカバーケース、米銀行のUniversity
National Bank社が発行するプリペイド・カードをセットにして販売する。価格は79.95米ドルで、プリペイド・カードには、あらかじめ10米ドルが課金してあるため、実質的な価格は69.95米ドルになる。モバイル・ペイメント・サービスは、米MasterCard社の非接触決済サービス「PayPass」を使う。

 スマートフォン用のアプリケーション・ソフトウエア(アプリ)をダウンロードし、カバーケースに設けた挿入口にmicroSDメモリーカードを差し込むことで、iPhoneでNFCによる通信が可能になる。カードに組み込んだ通信用の小型アンテナと、カバーケースのアンテナを連動させてデータ通信を実現する。ユーザーは、プリペイド・カードのアカウントにオンラインで所望の金額の電子マネーを振り込んでおける。店舗では、それを使って日本の携帯電話機を使ったモバイル・ペイメントと同様に買い物ができる仕組みだ。

 2012年第2四半期には、Androidを搭載したスマートフォンにも対応する。AndroidスマートフォンはmicroSDメモリーカードの挿入口を備えているため、そこに差し込んで使う仕様に変更する。カバーケースの裏側に付属のアンテナ・シールを張ることで、通信が可能になるという。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング