• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【麻倉怜士CES報告4】ソニーの3Dテレビは「フローティング・ウインドウ機能」を導入

【麻倉怜士CES報告4】ソニーの3Dテレビは「フローティング・ウインドウ機能」を導入

  • 麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
  • 2012/01/13 12:28
  • 1/1ページ
「CES」でのデモの様子。筆者が撮影。
「CES」でのデモの様子。筆者が撮影。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
「CES」でのデモの様子。筆者が撮影。
「CES」でのデモの様子。筆者が撮影。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 画面の端で木が画面外に出るような3次元(3D)映像は、すごく気分が悪い。3Dで見えているから本物らしいのだが、例えば、実世界では木が途中で突然切れることなど絶対にない。だから、脳が混乱するのである。しかし、実際にはこんな場面が出てくる3Dコンテンツも多い。特にロケ(ロケーション撮影)映像には多い。

 そこで、ソニーはこうした危険な構図の場合、コンバージェンス・ポイントの画面のフレーム全体を手前に出すようにして、端の立体感を下げるようにした「フローティング・ウインドウ機能」という仕組みを新しい3Dテレビに導入した。具体的には、黒線をサイドに書き、この部分の3D視をキャンセルする仕組み。3Dのオーサリングでのテクニックだが、これをテレビに自動認識機能として入れたのである。3Dの快適視聴への取り組みとして注目したい。

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ