• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【麻倉怜士CES報告4】ソニーの3Dテレビは「フローティング・ウインドウ機能」を導入

麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
2012/01/13 12:28
1/1ページ
「CES」でのデモの様子。筆者が撮影。
「CES」でのデモの様子。筆者が撮影。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
「CES」でのデモの様子。筆者が撮影。
「CES」でのデモの様子。筆者が撮影。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 画面の端で木が画面外に出るような3次元(3D)映像は、すごく気分が悪い。3Dで見えているから本物らしいのだが、例えば、実世界では木が途中で突然切れることなど絶対にない。だから、脳が混乱するのである。しかし、実際にはこんな場面が出てくる3Dコンテンツも多い。特にロケ(ロケーション撮影)映像には多い。

 そこで、ソニーはこうした危険な構図の場合、コンバージェンス・ポイントの画面のフレーム全体を手前に出すようにして、端の立体感を下げるようにした「フローティング・ウインドウ機能」という仕組みを新しい3Dテレビに導入した。具体的には、黒線をサイドに書き、この部分の3D視をキャンセルする仕組み。3Dのオーサリングでのテクニックだが、これをテレビに自動認識機能として入れたのである。3Dの快適視聴への取り組みとして注目したい。

【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング