• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【麻倉怜士CES報告4】ソニーの3Dテレビは「フローティング・ウインドウ機能」を導入

【麻倉怜士CES報告4】ソニーの3Dテレビは「フローティング・ウインドウ機能」を導入

  • 麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
  • 2012/01/13 12:28
  • 1/1ページ
「CES」でのデモの様子。筆者が撮影。
「CES」でのデモの様子。筆者が撮影。
[画像のクリックで拡大表示]
「CES」でのデモの様子。筆者が撮影。
「CES」でのデモの様子。筆者が撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

 画面の端で木が画面外に出るような3次元(3D)映像は、すごく気分が悪い。3Dで見えているから本物らしいのだが、例えば、実世界では木が途中で突然切れることなど絶対にない。だから、脳が混乱するのである。しかし、実際にはこんな場面が出てくる3Dコンテンツも多い。特にロケ(ロケーション撮影)映像には多い。

 そこで、ソニーはこうした危険な構図の場合、コンバージェンス・ポイントの画面のフレーム全体を手前に出すようにして、端の立体感を下げるようにした「フローティング・ウインドウ機能」という仕組みを新しい3Dテレビに導入した。具体的には、黒線をサイドに書き、この部分の3D視をキャンセルする仕組み。3Dのオーサリングでのテクニックだが、これをテレビに自動認識機能として入れたのである。3Dの快適視聴への取り組みとして注目したい。

【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ