家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CES】“ワイヤレス給電テレビ”再び、Haier社が参考出展

久米 秀尚=日経エレクトロニクス
2012/01/12 23:40
印刷用ページ
図1 55型の3Dテレビをワイヤレス給電対応に
図1 55型の3Dテレビをワイヤレス給電対応に
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 中国Haier社は、米国ラスベガスで開催中の「2012 International CES」で、ワイヤレス給電技術を使ってテレビ本体から電源用コンセントをなくした大画面テレビを披露した(図1)。同社は2010年にも同様のコンセプトの試作機(32型)を出展しており、今回は55型と大画面サイズの3D液晶テレビを使って試作した( Tech-On! 関連記事1)。製品化は未定。

 同社は、今回の開発品を「Completely Wireless TV」と名付けて展示している。「電力だけでなく映像も無線で伝送しているため、“Completely”と銘打った」(同社)とした(図2、3)。映像は、HD映像を無線伝送する高速通信規格「WHDI(Wireless Home Digital Interface)」を使って伝送している。

 採用したワイヤレス給電技術は「磁界共鳴方式」である。同方式は、Haier社の他に、今回のCESでは東芝がタブレット端末に適用している( Tech-On! 関連記事2)。Haier社のテレビでは、底面に受電コイルを配置した(図4)。送電装置は、テレビを置いた台の中にある。テレビの底面と送電装置の間は「8インチ(約20cm)ほど離れている」(同社)という。

図2 前面
図2 前面
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 背面。線は出ていない
図3 背面。線は出ていない
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図4 横から。テレビと送電装置が離れていることが分かる
図4 横から。テレビと送電装置が離れていることが分かる
[クリックすると拡大した画像が開きます]
【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング