家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CES】Silicon Image、WirelessHDの第3世代チップセットをアピール

佐伯 真也=日経エレクトロニクス
2012/01/12 19:07
印刷用ページ
図1 タブレット端末に送信モジュールを内蔵し、テレビにフルHD映像を非圧縮で伝送するデモの様子
図1 タブレット端末に送信モジュールを内蔵し、テレビにフルHD映像を非圧縮で伝送するデモの様子
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 第3世代のチップセットを用いた送信モジュール(下)と受信モジュール(上)
図2 第3世代のチップセットを用いた送信モジュール(下)と受信モジュール(上)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 受信モジュールの比較。下が第3世代品、上が第2世代品である
図3 受信モジュールの比較。下が第3世代品、上が第2世代品である
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米Silicon Image社は、無線規格「WirelessHD」に対応する送受信チップセットを開発し、1920×1080画素で60フレーム/秒のフルHD映像を非圧縮で伝送するデモを披露した。同社は2011年4月に、WirelessHD対応のチップセットを手掛ける米SiBEAM社を買収し、チップセットの開発を進めていた(Tech-On!の関連記事1)。

 開発したチップセットは、SiBEAM時代から数えて第3世代品となる。送受信モジュールの消費電力は、「第2世代品を用いたものと比較して約半分になる」(Silicon Image社)という。

 第2世代のチップセットに対して、コスト低減を図ったとする。送受信に必要なアンテナ数を削減した他、アンテナ基板をセラミクス製から樹脂製に変更したことで、実現したという。
 
 Silicon Image社は2012年1月末に、第3世代のチップセットのサンプル出荷を開始する予定。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング