家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CES】NECの2画面式タブレットはデザインを刷新、デュアル・コア採用へ

内田 泰=日経エレクトロニクス
2012/01/12 17:05
印刷用ページ
次期モデルのデザイン・モックアップ
次期モデルのデザイン・モックアップ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ビデオ会議のデモの様子
ビデオ会議のデモの様子
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 NECは2画面式タブレット端末「LT-W」の次期モデルのデザイン・モックアップや、その端末に向けたクラウド経由のサービスをブースで紹介している。同社は次期モデルを、2012年夏に日本、米国、欧州、中国など世界各国で発売する予定という。

 現行モデルのLT-Wは、7型の液晶ディスプレイを2つ搭載したタブレット端末。本のように開き、それぞれのディスプレイに異なる情報を表示して使うことを想定して設計した。NECはこの端末に、クラウド経由の各種サービスを提供している。電子書籍のほかにビジネスや教育、医療分野への展開も視野に入れているという。

 次期モデルでは、デザインやハードウエアを刷新する。7型の2画面構成という点は踏襲するが、ハードウエアのボタンを全てなくす。タッチ・センサは、現行モデルはペンが使えるよう抵抗膜式を採用しているが、マルチ・タッチに対応するために静電容量式に変更する。具体的な数字は明かさないが、本体を薄型化する。さらに120万~200万画素のCMOSセンサを搭載する。

 プロセサは現在、シングル・コアの「OMAP 3」(米Texas Instruments(TI)社製)を使っているが、デュアル・コアの「OMAP 4」(TI社製)を1.5GHzで駆動させる。約5時間という電池駆動時間は維持したいとする。ソフトウエア・プラットフォームはAndroid 2.2だが、次期モデルでは最新版のAndroid 4.0を採用する。

 同社のブースでは、次期モデルに向けて提供する各種のクラウド・サービスを紹介している。ビデオ会議、ドキュメントの共有、バーチャル・デスクトップなどである。

 ビデオ会議は通常、専用のシステムが必要だが、それを2台のAndroid端末同士で簡易的に行う。具体的には、Android端末をサーバー上のビデオ会議システム・サービスに接続すると、上の画面に自分の顔を映した動画と相手の顔を映した動画が表示され、下の画面には共有したい資料などを表示できる。動画のフレーム速度は15フレーム/秒。Android向けのビデオ会議システム・アプリケーションは、スペインのDialcom Networks社と共同開発したという。

 なお、今回のデモではLT-Wを使用したが、プロセサを1GHzで動作するOMAP 4に変更しているという。「ビデオ会議システムを実現するには、この程度の処理性能が必要になるため」(NEC)としている。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング