家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CES】バッファローが「IEEE802.11ac」の伝送デモ、Broadcomのチップセットを採用

佐伯 真也=日経エレクトロニクス
2012/01/12 16:56
印刷用ページ
図1 デモの様子
図1 デモの様子
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 Broadcom社のチップセットを採用
図2 Broadcom社のチップセットを採用
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 開発中の無線LANルータのモックアップ
図3 開発中の無線LANルータのモックアップ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 バッファローは、1Gビット/秒を超える伝送速度を規定する次世代の無線LAN規格である「IEEE802.11ac」の伝送デモを、米国ラスベガスで開催中の「2012 International CES」で披露した(図1)。動作デモを展示会などで見せるのは、同社が「世界で初めて」(同社の説明員)とする。

 会場は「電波環境がかなり悪い」(同社の説明員)ため、有線によるデモを披露した。3×3のMIMO(multiple input multiple output)を採用することで、800Mビット/秒前後のデータ伝送速度を実現していた。現時点では、「最大で850Mビット/秒前後」(同社の説明員)という。

 チップセットは、米Broadcom社が2012年1月5日に発表したばかりの「BCM4360」を使用する(図2、Tech-On!の関連記事)。40nm級の設計プロセスを採用したもの。最大で1.3Gビット/秒のデータ伝送に対応する。

 バッファローは、IEEE802.11ac対応製品の第1弾として、無線LANルータ「AirStation WZR-1750H」の開発を進めている(図3)。IEEE802.11acの標準化は、ドラフト1.0が決まった段階。「これまでの無線LAN規格でも、標準化が策定される前に製品化してきた。米国市場には2012年中に投入する計画」(同社の説明員)という。なお、日本市場への投入時期は、「総務省の認可が下り次第、発売したい」(同氏)とした。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング