• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【CES】富士通がクアッドコア・プロセサ搭載のスマートフォンの開発を明らかに

【CES】富士通がクアッドコア・プロセサ搭載のスマートフォンの開発を明らかに

  • 佐伯 真也=日経エレクトロニクス
  • 2012/01/11 17:13
  • 1/1ページ
図1 富士通ブースでのデモの様子
図1 富士通ブースでのデモの様子
[画像のクリックで拡大表示]

 富士通は、クアッドコア(4コア)のプロセサを搭載したスマートフォンを開発中であることを明らかにした。「2012 International CES」の同社ブースでは、開発中の基板を介してスマートフォン(モックアップ)と液晶テレビに、フルHD(1920×1080画素)対応のゲームを表示するデモを披露している。完成品のお披露目は、「2012年2月にスペイン・バルセロナで開催される『Mobile World Congress 2012』になる」(同社の説明員)という。

 開発中のスマートフォンは、富士通製のこれまでのスマートフォンに対して、ハイスペックになるもよう。プロセサは、米NVIDIA社の「Tegra 3」(動作周波数は1.2GHz)を採用する。4.6型でフルHD対応の液晶パネルや、1310万画素のカメラ・モジュールを搭載する他、防水・防塵機能も備える予定。ソフトウエア・プラットフォームは、米Google社の「Android 4.0(開発コード名「Ice Cream Sandwich」)」を採用する。LTEによる無線通信に対応するという。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓