• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【CES】富士通がクアッドコア・プロセサ搭載のスマートフォンの開発を明らかに

【CES】富士通がクアッドコア・プロセサ搭載のスマートフォンの開発を明らかに

  • 佐伯 真也=日経エレクトロニクス
  • 2012/01/11 17:13
  • 1/1ページ
図1 富士通ブースでのデモの様子
図1 富士通ブースでのデモの様子
[画像のクリックで拡大表示]

 富士通は、クアッドコア(4コア)のプロセサを搭載したスマートフォンを開発中であることを明らかにした。「2012 International CES」の同社ブースでは、開発中の基板を介してスマートフォン(モックアップ)と液晶テレビに、フルHD(1920×1080画素)対応のゲームを表示するデモを披露している。完成品のお披露目は、「2012年2月にスペイン・バルセロナで開催される『Mobile World Congress 2012』になる」(同社の説明員)という。

 開発中のスマートフォンは、富士通製のこれまでのスマートフォンに対して、ハイスペックになるもよう。プロセサは、米NVIDIA社の「Tegra 3」(動作周波数は1.2GHz)を採用する。4.6型でフルHD対応の液晶パネルや、1310万画素のカメラ・モジュールを搭載する他、防水・防塵機能も備える予定。ソフトウエア・プラットフォームは、米Google社の「Android 4.0(開発コード名「Ice Cream Sandwich」)」を採用する。LTEによる無線通信に対応するという。

【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ