• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CES】SDHCメモリーカードの無線LAN規格が正式に策定

久米 秀尚=日経エレクトロニクス
2012/01/11 01:37
1/1ページ

 SDメモリーカードの仕様策定や普及促進などを図る業界団体「SD Association」は2012年1月9日(米国時間)、無線LAN機能を内蔵したSDメモリーカードの標準規格「Wireless LAN SD」を発表した。無線LAN機能を使い、デジタル・カメラやビデオ・カメラからクラウド・サービスやホーム・ネットワークの対応機器へ無線で静止画や動画を転送できるようになる。

 Wireless LAN SD標準規格では、対応メディアが無線LANのアクセス・ポイントとなる。パソコンやスマートフォンなどからSDメモリーカード内の画像を表示するなどの操作が可能。

 無線LAN規格はIEEE 802.11b/g/nに対応する。WEP、WPA/WPA2のセキュリティをサポートする。SDXC/SDHC/SDメモリーカードに加えて、microSDXC/SDHC/SDメモリーカードへの適用も可能という。

 規格は「Type-W」と「Type-D」に分かれている。Type-Wが基本的な規格で、SD Associationでは第1世代と位置付けて「ウェブインターフェイス規格」と呼んでいる。HTTPベースの規格で、無線LAN搭載機器に対してアクセス・ポイントとして振る舞う。東芝が2012年2月に発売予定の「FlashAir」はType-Wを採用する( Tech-On! 関連記事)。第2世代のType-DはDLNAやWiFi Directなどに対応する。「ネットワークインターフェイス規格」と呼び、ホーム・ネットワーク内での活用を想定する。

 SD Associationは、今回の規格を「2012 International CES」の開催に合わせて発表した。2012年1月9日(米国時間)に開催された報道機関向けのイベント「Digital Experience!」では、東芝のFlashAirを利用したデモを披露していた(図1)。

図1 Digital Experince!のデモでは、パナソニックのデジタル・カメラ「LUMIX DMC-FX90」に東芝の「FlashAir」を差し込み、東芝の「REGZA Tablet」に画像を転送売る様子を見せた
図1 Digital Experince!のデモでは、パナソニックのデジタル・カメラ「LUMIX DMC-FX90」に東芝の「FlashAir」を差し込み、東芝の「REGZA Tablet」に画像を転送売る様子を見せた
[クリックすると拡大した画像が開きます]
【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング