家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CES】あの「100米ドル・パソコン」のOLPCが、タブレット端末を初披露

内田 泰=日経エレクトロニクス
2012/01/10 19:29
印刷用ページ
タブレット端末本体と、太陽電池パネル、2次電池を搭載したカバー
タブレット端末本体と、太陽電池パネル、2次電池を搭載したカバー
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 開発途上国に在住する子供たちのデジタル・デバイド解消を目的とする非営利団体(NPO)のOLPC(One Laptop per Child)は、2012年1月9日(米国時間)に開催された報道機関向けのイベント「Digital Experience!」で、教育向けのタブレット端末「XO 3.0」を初披露した。XO 3.0にプロセサ「ARMADA 618」を提供し、同端末を共同開発している米Marvell社のブースに展示された。

 OLPCはこれまで、経済的に豊かでない子供たちにIT教育を提供することを目的に、100米ドル程度の低価格で提供できるノート・パソコンを開発してきた。既に合計で250万台を出荷したという。しかし、昨今のタブレット端末の急速な台頭によって、同端末の開発も同時に進めてきた。

 XO 3.0の最大の特徴は、電力の供給状況が不安定な発展途上国での使用を前提に、複数の電力供給手段に対応している点だ。具体的には、端末のカバーに出力4Wの太陽電池パネルおよび2次電池を装着し、端末を使っているときにカバー側の電池を充電できるようにした点。端末本体にはカバーからの電力を供給する接点が埋め込まれており、本体の電池残量が少ないときに、このカバーを装着して使える。さらに、OLPCが従来開発したノート・パソコンと同様、手回しによって発電した電力を使えるという。

 同端末は、静電容量式タッチ・センサを内蔵した8型の液晶ディスプレイを備える。OSはLinuxで、各種の教育向けアプリケーションを搭載しいてる。4Gバイトのフラッシュ・メモリと、512MバイトのDRAMを備える。駆動時の消費電力は2Wで、WiFiチップセットを内蔵する。価格については、具体的な数字を明かしていない。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング