• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【CES】SONYロゴの「Xperia」が登場、Sony Ericsson社の新社名も明らかに

【CES】SONYロゴの「Xperia」が登場、Sony Ericsson社の新社名も明らかに

  • 佐伯 真也=日経エレクトロニクス
  • 2012/01/10 17:20
  • 1/1ページ
図1 SonyロゴのXperiaを紹介するソニーの平井氏
図1 SonyロゴのXperiaを紹介するソニーの平井氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは2012年1月9日(現地時間)、SONYのブランド・ロゴを配したスマートフォン「Xperia」の新機種を、「2012 International CES」の開幕前日に開催した報道機関向けイベントで発表した。ソニーが2011年10月に、日スウェーデン合弁であるSony Ericsson Mobile Communications社の100%子会社化を発表して以降、初めてのこと。同時に、Sony Ericsson社の新社名(英語表記)が、「Sony Mobile Communications」となることを、ソニー 代表執行役 副社長でコンスーマープロダクツ&サービス事業担当を務める平井一夫氏が明らかにした。

 発表された新機種は、「Xperia ion」と「Xperia S」の2機種。このうち、Xperia ionはソニー/Sony Ericsson社として初めて、LTEによる無線通信に対応したモデル。2012年春に、通信事業者の米AT&T社が販売する予定という。一方、Xperia Sは2012年第1四半期に、世界市場に投入される見通し。同社の展示ブースには、Sony Ericssonのロゴを配した新機種も展示されているが、「発売時にはSonyのロゴになる予定」(同社の説明員)という。

 画面寸法は、Xperia ionが4.6型、Xperia Sが4.3型。画素数は共に、1280×720である。両機種の共通仕様として、1.5GHzで動作するデュアルコア・プロセサ、1200万画素の裏面照射型CMOSイメージ・センサを搭載する他、近距離無線通信規格であるNFCによる決済機能を備える。Androidのバージョンは発売時は「2.3」であるが、「4.0」にアップデートする計画という。

図2 Sony Ericsson Mobile Communications社からSony Mobile Communicationsへ
図2 Sony Ericsson Mobile Communications社からSony Mobile Communicationsへ
[画像のクリックで拡大表示]
図3 LTE対応のXperia ion
図3 LTE対応のXperia ion
[画像のクリックで拡大表示]
図4 Xperia S
図4 Xperia S
[画像のクリックで拡大表示]
図5 Sony EricssonロゴのXperia S
図5 Sony EricssonロゴのXperia S
[画像のクリックで拡大表示]
【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ