家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CES】SONYロゴの「Xperia」が登場、Sony Ericsson社の新社名も明らかに

佐伯 真也=日経エレクトロニクス
2012/01/10 17:20
印刷用ページ
図1 SonyロゴのXperiaを紹介するソニーの平井氏
図1 SonyロゴのXperiaを紹介するソニーの平井氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ソニーは2012年1月9日(現地時間)、SONYのブランド・ロゴを配したスマートフォン「Xperia」の新機種を、「2012 International CES」の開幕前日に開催した報道機関向けイベントで発表した。ソニーが2011年10月に、日スウェーデン合弁であるSony Ericsson Mobile Communications社の100%子会社化を発表して以降、初めてのこと。同時に、Sony Ericsson社の新社名(英語表記)が、「Sony Mobile Communications」となることを、ソニー 代表執行役 副社長でコンスーマープロダクツ&サービス事業担当を務める平井一夫氏が明らかにした。

 発表された新機種は、「Xperia ion」と「Xperia S」の2機種。このうち、Xperia ionはソニー/Sony Ericsson社として初めて、LTEによる無線通信に対応したモデル。2012年春に、通信事業者の米AT&T社が販売する予定という。一方、Xperia Sは2012年第1四半期に、世界市場に投入される見通し。同社の展示ブースには、Sony Ericssonのロゴを配した新機種も展示されているが、「発売時にはSonyのロゴになる予定」(同社の説明員)という。

 画面寸法は、Xperia ionが4.6型、Xperia Sが4.3型。画素数は共に、1280×720である。両機種の共通仕様として、1.5GHzで動作するデュアルコア・プロセサ、1200万画素の裏面照射型CMOSイメージ・センサを搭載する他、近距離無線通信規格であるNFCによる決済機能を備える。Androidのバージョンは発売時は「2.3」であるが、「4.0」にアップデートする計画という。

図2 Sony Ericsson Mobile Communications社からSony Mobile Communicationsへ
図2 Sony Ericsson Mobile Communications社からSony Mobile Communicationsへ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 LTE対応のXperia ion
図3 LTE対応のXperia ion
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図4 Xperia S
図4 Xperia S
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図5 Sony EricssonロゴのXperia S
図5 Sony EricssonロゴのXperia S
[クリックすると拡大した画像が開きます]
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング