家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CES】「タブレットはクルマのように多様化が進む」とNVIDIA社CEO

内田 泰=日経エレクトロニクス
2012/01/10 16:49
印刷用ページ
NVIDIA社CEOのJen-Hsun Huang氏
NVIDIA社CEOのJen-Hsun Huang氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
249米ドルで販売予定の7型タブレットを披露する、ASUSTeK社CEOのJerry Shen氏
249米ドルで販売予定の7型タブレットを披露する、ASUSTeK社CEOのJerry Shen氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 「タブレット端末は、これまでで最も成長速度が著しいConsumer Electronics製品だ。今後は車のように多様化が進み、用途によって使い分けられるようになるだろう」。

 米NVIDIA社が2012年1月9日(米国時間)に開催した報道陣向けイベントで、同社CEOのJen-Hsun Huang氏はこう述べ、タブレット端末に向けたプロセサなどの開発を強化する姿勢を明確にした。

 Huang氏は、2011年のCESの段階ではAndroidプラットフォームには「分断」という大きな問題があったと指摘した。スマートフォン向けとタブレット向けという二つの異なるソースコードに分かれており、開発者を混乱させていたという。

 しかし、2011年秋にこれらのソースコードを一本化した「Android 4.0(開発コードはIce Cream Sandwich、ICS)」が公開されたことでこの問題は解消され、以来開発者コミュニティの動きが活発化しているという。

 NVIDIA社はタブレット端末やスマートフォンに向けたプロセサとして、2011年11月に4つのメーンのCPUコアと低電力動作時用の1コアを集積した「Tegra 3」を発表している。既に台湾ASUStek Computer社は2011年12月に、Tegra 3を搭載したICSベースの10型タブレット端末を米国で発売した。

 さらにASUS社は今回の発表会で、Tegra 3とICSを搭載した7型のタブレット端末を米国で249米ドルで販売する予定であることを明らかにした。

 NVIDIA社は、Android 4.0に加えて、Windows 8のARM対応のベータ版を使ったTegra 3搭載タブレットのデモも披露した。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング