アナログ エレクトロニクスを支える基盤技術
 

NXP,水晶発振器に比べて大幅な小型化を可能にするMEMS発振器を開発,CES2012で披露

山下 勝己=テクニカル・ライター
2012/01/10 15:09
印刷用ページ
 オランダNXP Semiconductors N.V.は,2012年1月10日~13日に開催される「2012 International CES」で,水晶発振器に比べて大幅な小型化を可能にするMEMS発振器を披露する。同社によると,精度に関しては,既存の水晶発振器と同程度の性能を実現でき,外形寸法については,現時点で最も小さい水晶発振器の1/20に抑えられると主張する。しかも,水晶発振器とは異なり,セラミック・パッケージや,ハーメチック・シールを施した金属パッケージを使う必要がない。低コストのプラスチック・パッケージが使えるとする。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング