家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CES】中国Lenovo社がテレビ事業に参入、Qualcomm社製プロセサで駆動

内田 泰=日経エレクトロニクス
2012/01/09 17:36
印刷用ページ
Lenovo社初のテレビは「スマート」
Lenovo社初のテレビは「スマート」
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 中国Lenovo社は2012年1月8日、報道機関向けのイベント「CES Unveiled」で、同社ブランドでは初となる液晶テレビ「K91」を披露した。通常のテレビ放送はもちろんのこと、インターネットに接続して動画配信サービスやアプリケーションを再生できる、いわゆる「スマートテレビ」である。

 会場に展示されたのは、画面サイズが55型のデモ機。240Hzで駆動するIPS液晶パネルを採用した。プロセサは、テレビとしては初めて米Qualcomm社のデュアル・コア品「APQ8060」を搭載しているという。ソフトウエア・プラットフォームはAndroid 4.0で、これもテレビでは世界で初めてとしている。

 ユーザーはAndroid Market、およびLenovo社のアプリケーション・マーケット「Lenovo App Store」から各種のアプリケーションをダウンロードして使える。音声認識に対応した検索機能も有する。リモコンにマイクが内蔵されており、リモコンに向かってキーワードを話すと、それがテレビを経由して同社のクラウドに転送され、検索が実行されるという。

 世界第2位のパソコン・メーカーである同社は、先般、「パソコン・メーカーからパーソナル・クラウド・ソリューション・プロバイダーへの転身」を表明している。今回のテレビ事業への参入は、クラウド・ソリューションを提供する端末として同社に唯一欠けていたピースを埋めることを意味する。

 K91は、中国市場向けに2012年4月に発売される予定。価格はまだ未定としている。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング