• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > 【専門記者が振り返る】設計力向上、この1年――エレ/メカ/ソフトを構想段階で連携

【専門記者が振り返る】設計力向上、この1年――エレ/メカ/ソフトを構想段階で連携

  • 木崎 健太郎=日経ものづくり
  • 2011/12/19 17:03
  • 1/1ページ
 「設計の初期段階で仕様をきちんと決めることは、世界的にも課題だ」(米Siemens PLM Software社NX製品ライン担当シニア・マーケティング・ディレクタのPaul Brown氏)。設計の上流で多くのことを検討し、設計が進行してからの変更による手戻りを防ぐ「フロントローディング」は1980年代から提唱されているものの、その実現を支援するツールは2011年になった今でも、発展途上にある。その理由の1つは、製品の機能の多くを組み込みソフトが担うようになったことだろう。
【技術者塾】(8/25開催)
シンプルで強力なFMEAとDR

現場の技術者にとって使いやすい、シンプルな新FMEA「3D-FMEA」の作成方法と有効な活用方法、そして審査方法を指導します。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

【技術者塾】(8/26開催)
シンプルで強力なFTA

優れた技術者が持つ「匠のワザ」を押さえた上で、シンプルで強力なFTA「3D-FTA」を学びます。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓