COLLEGE 製造業の“本当”を探求
 

【PS Vita分解その7】背面を2度メリメリ

日経エレクトロニクス分解班
2011/12/17 22:00
印刷用ページ
図1 背面タッチ・センサは背面の筐体に貼り付けてある
図1 背面タッチ・センサは背面の筐体に貼り付けてある
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 銅とみられる薄い金属シートは、外装シートと接着しているようだ
図2 銅とみられる薄い金属シートは、外装シートと接着しているようだ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 配線パターンを見られるようになった
図3 配線パターンを見られるようになった
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図4 米Atmelの「MXT224」
図4 米Atmelの「MXT224」
[クリックすると拡大した画像が開きます]
分解その6

 メイン基板も取り出し、PS Vitaの分解も終わりが近づいてきた。今度は民生機器としては初めて搭載された静電容量方式の背面タッチ・センサの分解を試みた。とはいうものの、同センサは背面の筐体に貼り付けてあるようで、取り外すのは難しそうだ。

 が、やはり気になる。そこでわずかな隙間にマイナス・ドライバーを差込み、丁寧に背面タッチ・センサを背面筐体から剥がしていく(図1)。
「メリ、メリ、メリ…」
背面タッチ・センサになるべく傷が付かないように、慎重にドライバーを動かす。
どれだけ時間が経過しただろうか。いや、長く感じただけで、実際はそれほどでもなかったのかもしれない。とにかく、背面筐体からタッチ・センサを剥がすことに成功した。

 が、目に飛び込んできたのは、銅とみられる薄い金属シート(図2)。この金属シートは、筐体背面の外装シートに接着されている。どうやら背面タッチ・センサの配線パターンを拝むには、筐体背面の外装シートから金属シートを取り外す必要があるようだ。マイナス・ドライバーを再び使い、今度は金属シートをメリメリと剥がしていく。マイナス・ドライバーの角で金属シートが破れそうになるので、先ほどよりも慎重に作業を進める。

 しばらくして、ようやく金属シートを剥がせた。さっそく配線パターンを見る(図3)。続いてタッチ・センサ用コントローラICを探す。米Atmelの「MXT224」が搭載されていた(図4)。同社サイトの情報によれば、位置データを250Hz超の高い頻度で検知できるもののようだ。スムーズなタッチ操作を目指したのだろう。

 これで背面タッチ・センサ部の分解をひとまず終え、次の分解作業に取り掛かる。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング