• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップCOLLEGE > 【PS Vita分解その4】3枚の基板と色分けされたネジ

【PS Vita分解その4】3枚の基板と色分けされたネジ

  • 日経エレクトロニクス分解班
  • 2011/12/17 12:12
  • 1/1ページ
図1 前面部の内部。やや大きい基板が3枚搭載されている。中央がメイン基板とみられる。
図1 前面部の内部。やや大きい基板が3枚搭載されている。中央がメイン基板とみられる。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 メイン基板と両端の基板は、薄い金属板を介して接続され、金属板はネジで止められている。
図2 メイン基板と両端の基板は、薄い金属板を介して接続され、金属板はネジで止められている。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

分解その3

「PlayStation(PS) Vita」の前面部を見ると、やや大きい基板が3枚搭載されているのが分かる(図1)。中央にあるのがアプリケーション・プロセサなど実装したメイン基板とみられる。その両端にあるのが、いずれもキーパッドなどを実装した基板だろう。

 メイン基板と両端の基板は、薄い金属板を介して連結されている(図2)。電気的に接続されているわけではなく、どうやら固定目的のようだ。

 この薄い金属板はネジ止めされており、そのネジの色は「ピンク」と「ブルー」の2種類に分けられている。組み立て時、ネジを間違わないようにするための配慮だろう。1種類のネジに統一できなかったのだろうかとの疑問が頭をよぎる。

 メイン基板上には、さまざまな電子部品が実装されているようだが、金属シールドが施されていて詳細は分からない。さらに分解を進めていくしかない。

分解その5へ

おすすめ