エネルギー
 

【PVJapan】薄膜Si太陽電池の製造コスト、Oerlikon社が「2014年に0.35ユーロ/W」と宣言

野澤 哲生=日経エレクトロニクス
2011/12/05 21:27
印刷用ページ
スイスOerlikon Solar社は、開催中の展示会「PV Japan 2011」で、同社の薄膜Si型太陽電池向けターンキー・ソリューション「THINFAB」を利用すれば、「2014年には0.35ユーロ/W」のモジュール製造コストを実現可能だとアピールした。これは例えば、太陽電池1kW分のパネルの製造コストが約3万7000円で済むことを意味する(1ユーロ=105円で換算)。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング