家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【ET2011】米MarvellがG.hn対応LSIを出展、無線LANと電力線通信の融合デモも披露

野澤 哲生=日経エレクトロニクス
2011/11/21 14:34
印刷用ページ
Marvell社のG.hn準拠チップ・セットとその概要
Marvell社のG.hn準拠チップ・セットとその概要
[クリックすると拡大した画像が開きます]
新チップ・セット、および無線LANやBluetothに対応したチップ・セットを組み合わせた、PLCと無線LANの接続デモ。
新チップ・セット、および無線LANやBluetothに対応したチップ・セットを組み合わせた、PLCと無線LANの接続デモ。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米Marvell Technology Group社は、展示会「Embedded Technology 2011」(2011年11月16~18日、パシフィコ横浜)に、同社の「ITU-T G.hn」規格準拠のチップ・セットを出展した(関連記事)。G.hnは、電力線通信(PLC)の仕様を拡張し、家庭内の配線の種類を問わず通信用ケーブルとして利用するための通信規格である(関連記事)。

 今回のチップ・セットで利用できるのは、通信線が2本の芯線からなる家庭内配線。具体的には、電話線、同軸ケーブル、電力線などである。Marvell社のブースでは、このチップ・セットと同社が強い無線LAN(WiFi)のチップ・セットを利用した「PLC+WiFi」の通信デモを実演した。つまり、無線LANのアクセス・ポイント(AP)の電源用コンセントから直接、電力線にデータを流すシステムである。

 ちなみに、Marvell社のPLC用チップ・セットは、元はスペインDiseno de Sistemas en Silicio(DS2)社が開発したもの。これをMarvell社が2010年8月に買収し、今回の製品につなげた。G.hn準拠のチップ・セットは、DS2社が主導していた欧州のPLC向け規格「UPA(Universal Powerline Association)」準拠の製品と下位互換性があるという。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング