• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【ET2011】米MarvellがG.hn対応LSIを出展、無線LANと電力線通信の融合デモも披露

【ET2011】米MarvellがG.hn対応LSIを出展、無線LANと電力線通信の融合デモも披露

  • 野澤 哲生=日経エレクトロニクス
  • 2011/11/21 14:34
  • 1/1ページ
Marvell社のG.hn準拠チップ・セットとその概要
Marvell社のG.hn準拠チップ・セットとその概要
[画像のクリックで拡大表示]
新チップ・セット、および無線LANやBluetothに対応したチップ・セットを組み合わせた、PLCと無線LANの接続デモ。
新チップ・セット、および無線LANやBluetothに対応したチップ・セットを組み合わせた、PLCと無線LANの接続デモ。
[画像のクリックで拡大表示]

 米Marvell Technology Group社は、展示会「Embedded Technology 2011」(2011年11月16~18日、パシフィコ横浜)に、同社の「ITU-T G.hn」規格準拠のチップ・セットを出展した(関連記事)。G.hnは、電力線通信(PLC)の仕様を拡張し、家庭内の配線の種類を問わず通信用ケーブルとして利用するための通信規格である(関連記事)。

 今回のチップ・セットで利用できるのは、通信線が2本の芯線からなる家庭内配線。具体的には、電話線、同軸ケーブル、電力線などである。Marvell社のブースでは、このチップ・セットと同社が強い無線LAN(WiFi)のチップ・セットを利用した「PLC+WiFi」の通信デモを実演した。つまり、無線LANのアクセス・ポイント(AP)の電源用コンセントから直接、電力線にデータを流すシステムである。

 ちなみに、Marvell社のPLC用チップ・セットは、元はスペインDiseno de Sistemas en Silicio(DS2)社が開発したもの。これをMarvell社が2010年8月に買収し、今回の製品につなげた。G.hn準拠のチップ・セットは、DS2社が主導していた欧州のPLC向け規格「UPA(Universal Powerline Association)」準拠の製品と下位互換性があるという。

【技術者塾】(10/24開催)
不具合の未然防止に役立つ 組み込みソフトのモデリング

ソフトウエア技術者の設計力向上の勘所


ソフトウエア設計図(モデル)の具体例を紹介しながら基礎を解説します。「静的構造図」や「動的構造図」などを演習を通して作成。ソフトウエア技術者の設計力を高め、もっと速く楽に開発することを目指します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月24日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ