半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

30周年を契機にした新機軸の企画が続々従来の枠を拡げた「3次元実装」が目玉に

SEMIテクノロジーシンポジウム(STS)2011の見所

2011/11/04 00:00
印刷用ページ
 「SEMIテクノロジーシンポジウム(STS)」は、セミコン・ジャパンの会期に合わせて開催される国際技術シンポジウムである。デバイス・メーカーと、装置および材料メーカーの技術交流の場を提供することを目的に企画されたものだ。デバイス、プロセス、生産技術、パッケージング、テスト、製造装置、材料など半導体デバイスおよびMEMS(MicroElectro Mechanical System)にかかわる技術を広く網羅したテーマの講演が数多く開かれる。講師の多くは、半導体およびMEMSの業界の第一線で活躍する技術者。しかも、それぞれの分野の最先端の技術を話題にした講演が多いことなどから、講演の内容に対する来場者の評価は高い。このため例年多くの来場者が参加する。昨年は前年を17%も上回る1,337人もの参加者が集まった。今年は、それをさらに上回る1,800人が集まるものと期待している。今回のセッションの数は17件。全講演数は75件にも上る。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング