ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

【IMID】写真で見るIMID展示会、SamsungとLGの最新FPD関連技術

松枝 洋二郎=台湾AU Optronics社
2011/10/20 22:20
印刷用ページ

 韓国のディスプレイ関連の国際会議「IMID(International Meeting on Information Display)」に併催の展示会について、写真を中心に報告する。同時期に開催される「韓国電子展(KES)」を日本のエレクトロニクス関連の展示会「CEATEC JAPAN」の“コンシューマー館”だとすれば、IMIDの展示会は“部品館”のようなイメージである。今年のIMIDの展示会はKINTEX本館の5つのホールのうち新館から一番遠いホール1で行われた。コンファレンス会場から歩くと片道10分程かかってしまうため、移動は大変だった。

 まず、Samsungのブースから報告する。

IMID展示会場の様子
左側手前から「Samsung Corning」「Samsung LCD」「Samsung Semiconductor」の順番に並んでいる。Samsung Mobile Display社のブースは無かった。
[画像のクリックで拡大表示]

Samsung Corningブースに展示されていた第5.5世代有機EL生産ライン用に開発したガラス基板
厚みは0.5mmである。この基板サイズでエキシマ・レーザー・アニール(ELA)とマスク蒸着によりスマートフォン「Galaxy」向けの有機ELパネルが量産できるのかと思うと、有機ELの生産性もずいぶん上がったものだと感慨深い。
[画像のクリックで拡大表示]

Samsung Corningブースに展示されていた第8世代ガラス基板
左が0.7mm厚の既存の製品で、右側は0.4mm厚を実現した「EAGLE XG Slim」である(ハングルで開発中と表記してある)。
[画像のクリックで拡大表示]

 Samsung Corning社が、0.5mm厚、第5.5世代のガラス基板の展示コーナー上にハングル文字で「AMOLED基板有利」と書いて、ブース中央正面に配置してあったのが印象的である。液晶パネル(LCD)の投資計画が軒並み足踏みしている中で、有機ELの投資に対していかに部品・材料メーカーの期待が高まっているかがよく分かる。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング