• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > DreamWorksやソニー合弁会社がニンテンドー3DSに映像コンテンツ供給

DreamWorksやソニー合弁会社がニンテンドー3DSに映像コンテンツ供給

  • 赤坂 麻実=Tech-On!
  • 2011/10/05 16:49
  • 1/1ページ
『Night of the Living Carrots』の一場面(DreamWorks社のデータ)
『Night of the Living Carrots』の一場面(DreamWorks社のデータ)
[画像のクリックで拡大表示]
『The Pig Who Cried Werewolf』の一場面(DreamWorks社のデータ)
『The Pig Who Cried Werewolf』の一場面(DreamWorks社のデータ)
[画像のクリックで拡大表示]

 任天堂は、同社の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」向けにアニメ制作会社の米DreamWorks Animation SKG, Inc.と3D番組放送局の米3net社、パフォーマー集団のBlue Man Groupが3Dコンテンツの供給を始めると発表した。

 DreamWorks社は、2011年10月に、ハロウィンをテーマにした新作の短編アニメ2作品をニンテンドー3DS向けに供給する。期間限定でニンテンドー3DSだけに公開する。第1作『Night of the Living Carrots』は2011年10月4日に配信を始めた。2009年に公開したアニメ『Monsters vs. Aliens』のキャラクターが活躍する。第2作『The Pig Who Cried Werewolf』は2011年10月後半に公開予定で、こちらは『Shrek』シリーズから、3匹のGerman pigが登場する。

 3net社は、米Discovery Communications, Inc.とソニーとカナダIMAX Corp.の合弁会社。3net社は、『Bullproof』『Feeding Time』『Building the Brand』など、自社で放送している番組の中から短編動画を供給する。

 顔を青く塗った3人組のショー・パフォーマンスで知られるBlue Man Groupは、3~4分程度のオリジナル動画を6本供給する。

 任天堂は、これらのコンテンツを、ニンテンドー3DS向けに映像コンテンツを不定期に無料で配信する「Nintendo Video」サービスを通じてユーザーに提供していく。

【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓