• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【CEATEC】NECトーキン、NFCのアンテナでデータも電力も送る技術を開発

【CEATEC】NECトーキン、NFCのアンテナでデータも電力も送る技術を開発

  • 久米 秀尚=日経エレクトロニクス
  • 2011/10/04 23:06
  • 1/1ページ
図1 データと電力を伝送できるモジュールを開発した
図1 データと電力を伝送できるモジュールを開発した
[画像のクリックで拡大表示]
図2 披露した試作機
図2 披露した試作機
[画像のクリックで拡大表示]
図3 一般的な「おサイフケータイ」では、電力伝送はできない
図3 一般的な「おサイフケータイ」では、電力伝送はできない
[画像のクリックで拡大表示]

 NECトーキンは、携帯電話機に搭載されている「FeliCa」用アンテナを使い、データ伝送だけでなく、ワイヤレス給電もできるモジュールを開発した(図1)。幕張メッセで開催中の「CEATEC JAPAN 2011」では、開発したモジュールを組み込んだワイヤレス給電システムの試作機を披露した(図2、3)。

 同社は以前から、近距離無線通信「NFC(near field communication)」のアンテナやモジュール、それらを組み込んだリーダー/ライターなどを手掛けてきた。今回披露した、データだけでなく電力も伝送するアイデアは「NFCを搭載する携帯電話機の機能拡張を検討する中で生まれた」(同社)という。

 電力は、電磁誘導の原理を利用して伝送する。使用する周波数は、データ伝送と同じ13.56MHzである。受電側のコイルは一つで、データと電力で共用する。コイル以外には、データと電力の伝送を制御するスイッチング回路と整流回路を備え、充電回路は携帯電話機に搭載しているものを使用する。送電側モジュールは、電力伝送用に専用のコイルを搭載する。

 NECトーキンの開発品では、携帯電話機側に新たにコイルを設置する必要がないため薄型化が容易で、部材コストの低減が期待できる。「2012年を目標に、実用化に向けて開発を進めていく」(同社)という。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓