ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

【CEATECプレ】東芝が4K×2K/裸眼3D対応の55型液晶テレビを国内発表、想定価格は90万円

佐伯 真也=日経エレクトロニクス
2011/10/03 20:09
印刷用ページ
図1 「レグザ(REGZA)55X3」と東芝 執行役上席常務 デジタルプロダクツ&サービス社 社長の大角正明氏
図1 「レグザ(REGZA)55X3」と東芝 執行役上席常務 デジタルプロダクツ&サービス社 社長の大角正明氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 裸眼での3D表示のデモ
図2 裸眼での3D表示のデモ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 4K×2Kパネルの概要
図3 4K×2Kパネルの概要
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図4 55X3に導入した超解像処理
図4 55X3に導入した超解像処理
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図5 4K×2K映像の配信はNTTぷららが検討開始
図5 4K×2K映像の配信はNTTぷららが検討開始
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図6 2D映像と3D映像を切り替える仕組み
図6 2D映像と3D映像を切り替える仕組み
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図7 55X3に搭載する基板。この基板とは別に通常のテレビ用基板を搭載するという
図7 55X3に搭載する基板。この基板とは別に通常のテレビ用基板を搭載するという
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 東芝は2011年10月3日、3840×2160画素である「4K×2K」の2D映像と裸眼での3D映像の表示に対応した55型の液晶テレビ「レグザ(REGZA)55X3」を発表した(ニュース・リリース)。2010年9月にドイツで開催した「IFA 2011」で披露した製品の国内モデルである(Tech-On!の関連記事)。2011年12月中旬に発売する。価格はオープンであり、市場想定価格は90万円前後。月産で1000台を計画する。

 4K×2K対応のテレビを市場投入する狙いについて、東芝 執行役上席常務でデジタルプロダクツ&サービス社 社長を務める大角正明氏は、「4K×2Kは2K×1K(1920×1080画素)に比べて、はっきりとした違いがある。そこまで必要かという指摘があるのは事実だが、映像としての夢を実現したい」と説明した。裸眼3Dについては、「メガネ式の3Dは映画館はともかく、家庭では無理がある。ストレス・フリーの3D映像を提供したい」とした。

4K映像を作り出す

 55X3の特徴の一つである4K×2K映像は、同社が従来のREGZAシリーズで培ってきた「超解像処理」を用いて、入力映像から疑似的に作り出している。1440×1080画素の地上デジタル放送の映像や720×480画素のDVDの映像などは、1920×1080画素のフルHD映像を作り出した後、このフルHD映像を基に4K×2K映像を作り出すという。4K×2K映像は、左右に2分割しパネルに出力するとした。

 従来機種に導入してきた「再構成型」「自己合同性型」「3次元フレーム」「色」に加えて、新たに「カラーテクスチャー復元」と呼ぶ超解像処理を追加したという。これは、入力映像(4:4:4フォーマット)がデジタル放送信号に変換(4:2:0フォーマット)される際に、失われてしまう高彩度の細かな色情報を疑似的に復元し、物体の質感を向上させたとする。

 なお、「4K×2K映像の配信技術については、(IPTVサービスである)「ひかりTV」を提供するNTTぷららが検討を開始している」(東芝の大角氏)とし、今後の展開に含みを持たせた。

2視差分から9視差分の3D映像に変換


 
 もう一つの特徴である裸眼立体視は、東芝が開発を進める「インテグラル・イメージング方式」を用いた。この方式は,液晶パネル前面に配置するレンチキュラ・レンズを用いる技術である。開発品では、2D映像や2視差分の3D映像から、9視差分の3D映像に変換する。3D表示時の画素数は、1280×720画素とする。

 3D映像と2D映像の表示に対応させるため、液晶パネルとレンチキュラ・レンズの間に、「偏光切換シート」を追加した。このシートは、偏光を90度切り替えられる機能を備えており、レンチキュラ・レンズをオン/オフさせる機能を担う。カメラを用いて、視聴者の位置を特定する「フェイストラッキング」機能を備えており、その場所に最適となるような3D映像を表示するという。

メインのLSIは2個搭載

 裸眼3D対応の4K×2Kパネルは、パネル・メーカーと共同で開発したとする。直下型の白色LEDバックライトを搭載する。入力信号に対して、横12、縦20の領域で白色LEDの発光を調整する機能を備える。

 映像処理プラットフォームには、「レグザエンジンCEVO Duo」を採用する。メインの画像処理LSIを2個搭載する他、「2D映像を3D映像に変換する際に奥行き情報を推定するLSIや、4K×2K映像を2分割して出力するLSIなどを搭載する」(同社の説明員)という。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング