• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 「Thunderboltの光ケーブルにも採用」、米Ensphere社のLight Peak用ICが50万個出荷へ

「Thunderboltの光ケーブルにも採用」、米Ensphere社のLight Peak用ICが50万個出荷へ

  • 蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
  • 2011/10/03 19:36
  • 1/1ページ
Ensphere Solutions社のホームページから
Ensphere Solutions社のホームページから
[画像のクリックで拡大表示]

 光通信用ICなどを手掛ける米Ensphere Solutions社は、同社のLight Peak用送受信ICが、2011年に50万個以上出荷する見通しであることを明らかにした(同社のホームページ)。

 出荷中のICは、Light Peakの光送受信モジュールに向けたIC「ESI-XVR10100」(Tech-On!の関連記事)である。Light Peakの光送受信モジュールにおける半導体レーザやフォト・ダイオードの受発光を制御するドライバICである。同社のICは、デュアル・チャネルの10Gビット/秒のデータ送受信に対応できる。既に、ソニーが発売したノート・パソコン「VAIO Z」のLight Peak用光送受信モジュールに、同社のICが利用されている(日経エレクトロニクスの関連記事)。

 Ensphere社によれば、XVR10100は、Thunderboltのアクティブ光ケーブルでも利用されるという。同ケーブルは、ケーブル内に光送受信モジュールを組み込んでおり、ケーブル内で光電変換を行って光ファイバ伝送するものである。Thunderboltインタフェースに対応するパソコンとHDD装置などの周辺機器を接続する際に、長距離伝送できるケーブルとして登場すると見られている。同ケーブルでは、二つの光送受信モジュールを利用することから、Ensphere社は出荷増を見込めるとして期待している。

 Ensphere Solutions社は,米シリコンバレー地域に2006年に設立された非上場のファブレス企業で、光通信向け送受信ICやデジタル・テレビ向けフロントエンド・チップなどを手掛けている。

【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ