電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

「Thunderboltの光ケーブルにも採用」、米Ensphere社のLight Peak用ICが50万個出荷へ

蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
2011/10/03 19:36
印刷用ページ
Ensphere Solutions社のホームページから
Ensphere Solutions社のホームページから
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 光通信用ICなどを手掛ける米Ensphere Solutions社は、同社のLight Peak用送受信ICが、2011年に50万個以上出荷する見通しであることを明らかにした(同社のホームページ)。

 出荷中のICは、Light Peakの光送受信モジュールに向けたIC「ESI-XVR10100」(Tech-On!の関連記事)である。Light Peakの光送受信モジュールにおける半導体レーザやフォト・ダイオードの受発光を制御するドライバICである。同社のICは、デュアル・チャネルの10Gビット/秒のデータ送受信に対応できる。既に、ソニーが発売したノート・パソコン「VAIO Z」のLight Peak用光送受信モジュールに、同社のICが利用されている(日経エレクトロニクスの関連記事)。

 Ensphere社によれば、XVR10100は、Thunderboltのアクティブ光ケーブルでも利用されるという。同ケーブルは、ケーブル内に光送受信モジュールを組み込んでおり、ケーブル内で光電変換を行って光ファイバ伝送するものである。Thunderboltインタフェースに対応するパソコンとHDD装置などの周辺機器を接続する際に、長距離伝送できるケーブルとして登場すると見られている。同ケーブルでは、二つの光送受信モジュールを利用することから、Ensphere社は出荷増を見込めるとして期待している。

 Ensphere Solutions社は,米シリコンバレー地域に2006年に設立された非上場のファブレス企業で、光通信向け送受信ICやデジタル・テレビ向けフロントエンド・チップなどを手掛けている。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング