家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【VAIO Z分解その3】USBコネクタに類似

日経エレクトロニクス分解班
2011/09/28 21:37
印刷用ページ
図1 光インタフェースのレセプタクルとプラグ
図1 光インタフェースのレセプタクルとプラグ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 光インタフェース用コネクタを外す際の手順が書かれている。
図2 光インタフェース用コネクタを外す際の手順が書かれている。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

――前回はこちら――
VAIO Zの光インタフェース用コネクタの外観は,USBコネクタそのもの。それもそのはず,USB 3.0コネクタをベースにして作られているからだ。USB 3.0コネクタに,光送受信部を加えたものである。プラグはUSB用端子の手前に,レセプタクルは奥に光送受信部が配置してある(図1)。この部分は樹脂製の成形部品(以下,光用成形部品)となっているようだ。

 光送受信部をよく見てみると,レセプタクルとプラグ,いずれもレンズ部分があるのが分かる。プラグとレセプタクルで光を効率よく送受信するために,このレンズが配置されているようだ。しかし,外からでは詳細はよく分からない。やはり内部を見なければ。さっそく技術者と共に分解作業に入る。

 と思ったが,ここまで一度もVAIO Zを起動していないことに気が付く。そこで分解前に,動作させてみる。SSDを採用しているだけあって,Windows 7が立ち上がるまでの時間は短い。そしてドックを接続する。すると,光インタフェース用コネクタを外す際の注意書きを記したウインドウが自動的に開く(図2)。ドックを収納していた銀色の袋の表面に記載してあったものと同様のものだ。入念な対応である。

 さて時間が迫っている。最新のパソコンをもっと操作したいが分解せねばならない。

――続く―― VAIO Zの分解/分析の詳細は日経エレクトロニクス10月3日号と,(10月7日開催のセミナー)で紹介する予定です

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング