• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お薦めトピック

Freescale社、家庭用ヘルスケア・システム向けリファレンス・プラットフォーム「Home Health Hub」を披露

2011/09/16 22:45
小谷 卓也=日経エレクトロニクス 兼 デジタルヘルスOnline
今回のプラットフォームが想定するヘルスケア・システムのイメージ図
今回のプラットフォームが想定するヘルスケア・システムのイメージ図
[クリックすると拡大した画像が開きます]
Freescale社が提供するリファレンス・ボード
Freescale社が提供するリファレンス・ボード
[クリックすると拡大した画像が開きます]
六つの項目を管理できるユーザー・インタフェースを用意する
六つの項目を管理できるユーザー・インタフェースを用意する
[クリックすると拡大した画像が開きます]
個別の項目に関する時系列でのデータの推移も簡単に表示できる
個別の項目に関する時系列でのデータの推移も簡単に表示できる
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米Freescale Semiconductor社は、家庭用のヘルスケア・システムに向けたリファレンス・プラットフォーム「Home Health Hub(H3)」を開発した。フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンが2011年9月13日に東京都内で開催したプライベート・イベント「FTF(Freescale Technology Forum)ジャパン 2011」で展示した。同年11月に世界各国で発売を開始する予定である。

 H3は、家庭用の健康機器や見守り用センサなどと、それに対応する各種のサービスなどを結ぶシステムに向けたプラットフォーム。タブレット端末と専用クレイドルで構成されるシステムを対象としており、例えば、健康機器で測定したデータをタブレット端末で継続的に管理できると同時に、同データに基づいた各種サービスを受けられるようなものを想定している。データの送受信は、クレイドルをハブにして、無線もしくは有線で通信する。

 Freescale社は、クレイドルに内蔵するリファレンス・ボード(およびユーザー・インタフェース(UI))を提供する。タブレット端末に表示させるUIは、Windows CE 7とAndroid 2.3に対応する。基本設定では、気温と血圧、心拍数、血糖値、体重、血中酸素飽和度の六つのデータを各センサと連動させて管理できる画面にしている。一方、リファレンス・ボードは、健康機器や各種サービスなどと連携できるようにZigbeeやBlutooth、無線LAN、USBなどに対応する。

 UIもリファレンス・ボードもカスタマイズ可能である。搭載する機能にもよるが、リファレンス・ボードの価格は約50米ドルであるという。

 現時点は開発段階だが、2011年11月16~19にドイツで開催される世界最大の医療機器展示会「MEDICA 2011」において、完成版を披露する予定である。

【6/12(日)開催】日経デジタルヘルス・セミナー

『遠隔診療は医療を変えるのか?』
厚労省の“通達”から1年で見えてきたこと


2015年8月、医師と患者を情報通信機器でつないで行う「遠隔診療」の適用範囲について、より広い解釈を認める旨の通達を厚生労働省が出してから1年弱。遠隔診療を実践している医療従事者や遠隔診療サービス事業者を招き、臨床現場から見た“遠隔診療の今とこれから”を探ります。詳細はこちら

日時:2016年6月12日(日) 13:00~17:00(開場12:30予定)
場所:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)
主催:日経デジタルヘルス

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング