• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > Nortelの知財オークション、45億米ドルでApple、Microsoft、ソニーなどの6社連合が落札

Nortelの知財オークション、45億米ドルでApple、Microsoft、ソニーなどの6社連合が落札

  • 竹居 智久=日経エレクトロニクス
  • 2011/07/04 20:37
  • 1/1ページ

 カナダNortel Networks社は米国時間の2011年6月30日、同社が保有する約6000件の特許群(出願中を含む)のオークションで、米Apple社、米EMC社、スウェーデンEricsson社、米Microsoft社、カナダResearch In Motion社、ソニーの6社連合が落札したと発表した(英文の発表資料)。落札金額は45億米ドル。米Google社が2011年4月にNotel社と「Stalking Horse(当て馬候補)」としての売買契約を締結したときの提示金額である9億米ドル(Tech-On!の関連記事)の5倍まで跳ね上がった。

 このオークションでは、Nortel社やその子会社が持つ第4世代移動通信を含む無線通信、光通信、音声、インターネット、半導体などの広範囲な分野の特許群が売却対象となっていた。Google社は2011年4月の時点で「新しい製品やサービスを作る自由を守るための最高の防衛手段の一つは、皮肉にも、並外れた特許群を持つことだ」(同社 Senior Vice President & General CounselのKent Walker氏)としてNortel社の特許群の購入に動いていたが、6社連合に敗れた格好だ。

 Nortel社によれば、今回の6社連合への売却はカナダと米国の裁判所の承認を得る必要があるという。同社は2011年第3四半期中に売却手続きを終えられるように進めていく方針である。

おすすめ