• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 日本通信がLTE網の借り受けに向けNTTドコモと協議を開始

日本通信がLTE網の借り受けに向けNTTドコモと協議を開始

  • 竹居 智久=日経エレクトロニクス
  • 2011/07/04 20:35
  • 1/1ページ

 日本通信は、NTTドコモのLTE(long term evolution)網の借り受けについてNTTドコモに申し入れを行い、両社で協議を開始したと発表した(発表資料)。MVNO(仮想移動通信事業者)としてNTTドコモのLTE網を利用した通信サービスを提供することを目指す。

 日本通信はNTTドコモのLTE網について、課金や帯域制御などを行うゲートウエイ機能を日本通信が持つ、いわゆる「レイヤー2接続」を申し入れた。同社はNTTドコモの3G網の借り受けではレイヤー2接続を実現済みで、SIMロックフリー版の「iPhone」に向けたデータ通信サービス(Tech-On!の関連記事)など、独自の料金体系のサービスを提供している。今回協議を開始したLTE網のレイヤー2接続により、3GとLTEの統合サービスを提供する考えである。併せて、機器メーカーなどがMVNOとして通信サービスを提供する際の支援も行うとしている。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓