• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【SID】液晶のさらなる性能向上と部材のサプライ・チェーンを大きく変える、バックライト技術の進化

【SID】液晶のさらなる性能向上と部材のサプライ・チェーンを大きく変える、バックライト技術の進化

  • 北原 洋明=テクニカル・ライター
  • 2011/05/20 21:35
  • 1/1ページ
 米国ロサンゼルスで開催されているディスプレイ関連の国際会議「SID 2011」初日の基調講演では、慶應義塾大学教授の小池康博氏による「LCDバックライト・システムを単純化できる導光板」が大きな注目を集めた。3日目午後のセッション60の「Integrated Optics for Backlights」では、この慶應義塾大学フォトニクス・リサーチ・インスティテュートによる詳細な講演を含め、4件の講演が行われ、今後の液晶パネルのバックライト・システムの進化を期待させられる発表が相次いだ。
【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ