EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

「Cellの演算能力を民生AV機器で使いたい」,東芝のエンジニアが語った10年間の熱き思い≪訂正あり≫

小島 郁太郎=Tech-On!
2011/05/20 00:09
印刷用ページ

 「Cell Broadband Engine(以下Cell)」はTech-On!の中で読者の関心が最も高いチップの一つである。数万円というゲーム機に搭載されながら,スーパーコンピュータ用プロセサ並みの演算能力を備えている。一方で,「ゲーム機向けに特化したチップを,他のアプリケーションで使うのはしんどそうだな」と多くのエンジニアは思っていた。ポテンシャルは高そうだが,それを引き出すのは大変そう。新たな用途に読者が高い関心を示すのは,こんな背景があると筆者は思っている。

図1●「Cellを搭載する民生用AV機器開発の軌跡」を語る石川禎氏
Tech-On!が撮影。スライドは東芝が作成。
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝のエンジニアである石川禎氏(現在の役職は,同社デジタルプロダクツ&サービス社 コアテクノロジーセンター エンベディッドシステム技術開発部 主幹)は,そんな読者や筆者の思いを実際に経験した。8番組同時視聴/録画のフルHDテレビ「CELL REGZA 55X1」(Tech-On!関連記事1),専用メガネ付きの3次元表示テレビ(以下3Dテレビ)「CELL REGZA X2」(同2),裸眼でOKの3Dテレビ「REGZA 20GL1」(同3)という,Cell搭載のすべてのテレビの開発に携わってきた(図1)。

 CELL REGZA 55X1の発表が2009年10月で,3番目のREGZA 20GL1が2010年10月であり,1年間で3機種のCell搭載テレビが発表になっている。そんなハイ・ペースでCellテレビを開発できる体制は一朝一夕では作れない。石川氏によれば,Cellをテレビなどの民生機器に使いたいという思いを持ったのは,約10年前に遡るという。それから現在までにCellテレビ開発に注いできた情熱(苦労?)を,同氏は「LSIとシステムのワークショップ2011」(2011年5月16日~18日に北九州国際会議場で開催)の招待講演で語った。

■変更履歴
この記事の掲載当初,このページで以下のような誤りがありました。テレビの製品名が一部の箇所で「LEGZA」となっていたのは,「REGZA」の誤り。石川氏の所属が「ビジュアルプロダクツ社」となっていたのは,「デジタルプロダクツ&サービス社」の誤りです。お詫びして訂正します。現在は訂正された状態です。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング