家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

いよいよ動き出すNFC-その時ソニーはどうする?(上)

久米 秀尚=日経エレクトロニクス
2011/04/20 16:20
印刷用ページ

「今後、数年のうちに500社もの企業がNFCを使った新規ビジネスを立ち上げるだろう」――。

図1  NFC機能を搭載するスマートフォン「Nexus S」
[画像のクリックで拡大表示]

 2010年11月、米Google社 Chairman of the Board兼Chief Executive Officer(2011年4月4日より会長)のEric Schmidt氏が近距離無線通信技術「NFC」(near field communication)への期待を語った。その直後となる同年12月、同社は携帯機器向けソフトウエア・プラットフォームの新版「Android 2.3」を、NFCに対応させることを明らかにした( Tech-On! 関連記事1 同2)。さらに、同社ブランドのスマートフォン「Nexus S」(韓国Samsung Electronics社が製造)に、NFC機能を組み込んだ(図1)。

図2 ウイスキーの真贋を判定しているところ。NXP社によるデモ
[画像のクリックで拡大表示]

 NFCに注目するのはGoogle社だけではない。米Apple社やカナダResearch In Motion Ltd(RIM社)、フィンランドNokia社など、スマートフォン業界の雄たちがこぞってNFCに熱い視線を送っている( Tech-On! 関連記事3 同4)。2011年後半には、NFC機能を搭載したスマートフォンが数多く登場することになるだろう。そして、NFC搭載端末を利用してサービスを展開しようと、世界中の機器/部品メーカーや事業者、アプリケーション開発者などが取り組みを強化している(図2、 Tech-On! 関連記事5 同6 同7 同8

日本では既におなじみのサービス

海外でこれから離陸しようとしているNFCを利用したサービスだが、日本に住む我々にとっては既におなじみのものばかりである。2001年にサービスを開始したJR東日本の交通カード「Suica」やビットワレットの電子マネー「Edy」を皮切りに普及が進み、2004年には「おサイフケータイ」として携帯電話機の機能として追加された。

 日本で提供されているサービスの多くは、ソニーが開発した近距離無線通信技術「FeliCa」を利用している。FeliCaの無線部はNFCの標準規格の一つ「ISO/IEC18092」で、決済サービスに必要な暗号化処理などの上位ミドルウエアはソニーが規定する独自品である。

Type A/Bの攻勢が始まる

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング