COLLEGE 製造業の“本当”を探求
 

【3DS分解6】液晶パネルを分解,裸眼3D品は2枚のパネルを一体化

日経エレクトロニクス分解班
2011/03/01 14:00
印刷用ページ
図1 筐体上側の裸眼3D対応の液晶パネル・モジュールの構成。光学部材は6枚
図1 筐体上側の裸眼3D対応の液晶パネル・モジュールの構成。光学部材は6枚
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 表示用パネルと視差バリア用パネルは一体化されていた。上(左のFPCで接続)が表示用パネル,下(右のFPCで接続)が視差バリア用パネル
図2 表示用パネルと視差バリア用パネルは一体化されていた。上(左のFPCで接続)が表示用パネル,下(右のFPCで接続)が視差バリア用パネル
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 2枚のパネルの厚さは約1.6mm
図3 2枚のパネルの厚さは約1.6mm
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図4  筐体下側の液晶パネル・モジュールは,タッチ・パネルと表示パネルを簡単に取り外せる
図4 筐体下側の液晶パネル・モジュールは,タッチ・パネルと表示パネルを簡単に取り外せる
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図5 筐体下側の液晶パネル・モジュールの光学部材は7枚
図5 筐体下側の液晶パネル・モジュールの光学部材は7枚
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図6 3DSの主要部品
図6 3DSの主要部品
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 「ニンテンドー3DS」の分解はいよいよ大詰め(分解その5)。最後は,“本丸”である液晶パネル・モジュールの分解に取り掛かった。

 まずは,筐体上側に格納された裸眼3D表示対応の液晶パネル・モジュールだ。内部の液晶パネルが割れないよう,慎重にLEDバックライトを取り外していく。

 分解して分かったのが,導光板や反射板,輝度向上フィルムといった光学部材が多いことだ。フレームなどを除けば,実に6枚に及ぶ。表示用と視差バリア用の2枚のパネルを使用しているため,輝度向上に向けて,さまざまな対策を施したとみられる。

 表示用と視差バリア用の2枚の液晶パネルは,接着フィルムを使って貼り合わせれていた。上に表示用パネル,下が視差バリア用パネルである。偏光板を含めた2枚のパネルの厚さは約1.6mm。さすがにこの2枚を剥がすのは断念することに…。

 続いて,筐体下側のタッチ・パネル付き液晶パネル・モジュールの分解に取り掛かる。抵抗膜方式タッチ・パネルと液晶パネルモジュールは別構成である。LEDバックライトを取り外すと,7枚の光学部材が使用されていることがわかった。
 
 これで,3DSの分解作業はひと通り終了した。毎回のことだが,分解班の目の前には修復不可能な3DSが残った。なお,3DSの詳細な解析記事は,日経エレクトロニクス2011年3月21日号に掲載予定である。

――終わり――

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング