COLLEGE 製造業の“本当”を探求
 

【3DS分解4】メイン基板を詳細に観察,メインCPUは…?

日経エレクトロニクス分解班
2011/02/28 14:00
印刷用ページ
図1 メイン基板(裏側)。右下にあるのが東芝製のチップ
図1 メイン基板(裏側)。右下にあるのが東芝製のチップ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 東芝製のNANDフラッシュ・メモリの拡大図
図2 東芝製のNANDフラッシュ・メモリの拡大図
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 メイン基板(表側)。右下にあるのがTI社のチップ
図3 メイン基板(表側)。右下にあるのがTI社のチップ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図4 ゲーム用スロットの裏側には無数の受動部品
図4 ゲーム用スロットの裏側には無数の受動部品
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図5 はんだごてを用いて,スロットをはずす
図5 はんだごてを用いて,スロットをはずす
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図6 スロットの下には二つのチップが隠れてあった
図6 スロットの下には二つのチップが隠れてあった
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図7 右が「Nintendo」の刻印があるメインCPU。左は富士通セミコンダクターせいのFCRAM
図7 右が「Nintendo」の刻印があるメインCPU。左は富士通セミコンダクターせいのFCRAM
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 「ニンテンドー3DS」の筐体下側の分解に成功した日経エレクトロニクス分解班(分解その3)。筐体からメイン基板を取り出し,詳細に観察してみることにした。

 まずは,「MITSUMI」の刻印が入った無線LANモジュールやSDメモリーカード用スロットを取り外してメイン基板全体を見てみる。メイン基板(裏側)では,右下にある「TOSHIBA」「THGBM2G3PIFBAI8」(1かIかは不明)と刻印されたチップが目立つ。型番から推測すると,NANDフラッシュ・メモリとみられる。システム格納のものとみられる。

 一方,逆側の基板(表側)は,ほとんど部品が実装されていない。唯一,米Texas Instruments社の「PAIC30108」とその周辺回路があるくらいだ。裏側部分にはLiイオン2次電池の接続端子があることから考えると,電源ICである可能性が高そうだ。

 メイン基板の表裏をひと通り観察し終えたところで,重要なことに気付く。メインCPUが見当たらない。考えられる可能性はただ一つ。ゲーム用スロットの下しかない。その裏側部分には多数の受動部品が実装されている。

 分解班は,頑丈に固定されているゲーム用スロットを,はんだごてなどを用いてなんとか取り外す。すると,「Nintendo」「ARM」と刻印された3DSのメインCPUが顔を出した。隣のチップには,「F JAPAN」「M82M808080」の刻印がある。おそらく,富士通セミコンダクター製のFCRAMだろう。

 メインのCPUを見つけ出し,ほっと一息つく分解班。いよいよ“本丸”といえる裸眼3D表示対応の液晶パネル・モジュールを格納する筐体上部を分解していく。なお,筐体下部にあるタッチ・パネル付き液晶パネル・モジュールは,裸眼3D表示対応の液晶パネル・モジュールと共に後ほど分解するため,しばらくお待ちいただきたい。

――その5に続く――

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング