• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【ISSCC】SSDの動作信頼性を95%高め,書き込み電力を43%削減するデータ変調技術,東京大学などが開発

【ISSCC】SSDの動作信頼性を95%高め,書き込み電力を43%削減するデータ変調技術,東京大学などが開発

  • 大下 淳一,大石 基之=日経エレクトロニクス
  • 2011/02/23 09:00
  • 1/1ページ
 東京大学 大学院工学系研究科 電気系工学専攻 准教授の竹内健氏の研究グループとSIGLEAD社は共同で,NANDフラッシュ・メモリに書き込むデータのパターンをコントローラ回路で変調することによって,SSDの動作信頼性を95%高め,書き込み電力を43%削減する技術を開発した(講演番号11.4)。4X~3Xnm世代のNANDフラッシュ・メモリで構成したSSDに,このコントローラ回路をFPGAとして実装し,その効果を実証している。多値(MLC:multi-level cell)技術を用いた大容量のNANDフラッシュ・メモリを搭載したSSDの,信頼性や動作速度の向上につながる成果である。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓