• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【ISSCC】SSDの動作信頼性を95%高め,書き込み電力を43%削減するデータ変調技術,東京大学などが開発

【ISSCC】SSDの動作信頼性を95%高め,書き込み電力を43%削減するデータ変調技術,東京大学などが開発

  • 大下 淳一,大石 基之=日経エレクトロニクス
  • 2011/02/23 09:00
  • 1/1ページ
 東京大学 大学院工学系研究科 電気系工学専攻 准教授の竹内健氏の研究グループとSIGLEAD社は共同で,NANDフラッシュ・メモリに書き込むデータのパターンをコントローラ回路で変調することによって,SSDの動作信頼性を95%高め,書き込み電力を43%削減する技術を開発した(講演番号11.4)。4X~3Xnm世代のNANDフラッシュ・メモリで構成したSSDに,このコントローラ回路をFPGAとして実装し,その効果を実証している。多値(MLC:multi-level cell)技術を用いた大容量のNANDフラッシュ・メモリを搭載したSSDの,信頼性や動作速度の向上につながる成果である。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ