家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【MWC】「無線の3チップを1チップに」,IntelがRF CMOS技術を展示

竹居 智久=日経エレクトロニクス
2011/02/17 08:38
印刷用ページ
図1 展示の様子。CMOSで製造したRF回路で無線LANによる通信を行う様子を見せていた
図1 展示の様子。CMOSで製造したRF回路で無線LANによる通信を行う様子を見せていた
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 RF回路を含むシステム全体の1チップ化を想定する
図2 RF回路を含むシステム全体の1チップ化を想定する
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 32nm世代のCMOS技術で製造したパワー・アンプの拡大図
図3 32nm世代のCMOS技術で製造したパワー・アンプの拡大図
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図4 無線LAN用など,各種の無線通信方式のRF回路を試作した
図4 無線LAN用など,各種の無線通信方式のRF回路を試作した
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米Intel Corp.は「Mobile World Congress 2011」(2011年2月14~17日,スペイン・バルセロナ)において,パワー・アンプやLNA(低雑音増幅回路),RFスイッチなどのRF回路をSi CMOS技術で製造する研究の成果を公表した。32nm世代のCMOS技術でRF回路を製造し,そのチップを使って通信する様子を見せた。移動体通信にも適用可能とする。

 Intel社の研究は,ベースバンド処理プロセサ,RFトランシーバIC,フロントエンド・モジュールという3チップ構成になることが一般的な無線通信用回路を,1チップに統合することを目指したものである。今回の大きな成果は,Intel社が現在出荷中のパソコン向けマイクロプロセサと同じ,32nmという先端のプロセス技術に適用できたことだったという。「アプリケーション・プロセサからフロントエンド・モジュールまでを含む,無線通信向けの完全なSoCの実現に近づいた」(Intel社)とする。今回の研究成果は,22nm世代のプロセス技術にも適用できる見込みである。

 現在は各種の無線通信方式のRF回路を試作して,その動作を検証している段階。実用化の時期は決まっていない。「60GHz程度の周波数帯以下であれば,特に通信方式の制限はない。移動通信方式などにも適用可能だ。ただし,必要な送信電力に合わせてパワー・アンプの設計を変えるといった作業は必要になる」(同社)とする。今回の展示では,2.3~2.8GHz帯を想定して設計したチップを使って無線LANで通信する様子を見せていた。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング