• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【MWC】「無線の3チップを1チップに」,IntelがRF CMOS技術を展示

【MWC】「無線の3チップを1チップに」,IntelがRF CMOS技術を展示

  • 竹居 智久=日経エレクトロニクス
  • 2011/02/17 08:38
  • 1/1ページ
図1 展示の様子。CMOSで製造したRF回路で無線LANによる通信を行う様子を見せていた
図1 展示の様子。CMOSで製造したRF回路で無線LANによる通信を行う様子を見せていた
[画像のクリックで拡大表示]
図2 RF回路を含むシステム全体の1チップ化を想定する
図2 RF回路を含むシステム全体の1チップ化を想定する
[画像のクリックで拡大表示]
図3 32nm世代のCMOS技術で製造したパワー・アンプの拡大図
図3 32nm世代のCMOS技術で製造したパワー・アンプの拡大図
[画像のクリックで拡大表示]
図4 無線LAN用など,各種の無線通信方式のRF回路を試作した
図4 無線LAN用など,各種の無線通信方式のRF回路を試作した
[画像のクリックで拡大表示]

 米Intel Corp.は「Mobile World Congress 2011」(2011年2月14~17日,スペイン・バルセロナ)において,パワー・アンプやLNA(低雑音増幅回路),RFスイッチなどのRF回路をSi CMOS技術で製造する研究の成果を公表した。32nm世代のCMOS技術でRF回路を製造し,そのチップを使って通信する様子を見せた。移動体通信にも適用可能とする。

 Intel社の研究は,ベースバンド処理プロセサ,RFトランシーバIC,フロントエンド・モジュールという3チップ構成になることが一般的な無線通信用回路を,1チップに統合することを目指したものである。今回の大きな成果は,Intel社が現在出荷中のパソコン向けマイクロプロセサと同じ,32nmという先端のプロセス技術に適用できたことだったという。「アプリケーション・プロセサからフロントエンド・モジュールまでを含む,無線通信向けの完全なSoCの実現に近づいた」(Intel社)とする。今回の研究成果は,22nm世代のプロセス技術にも適用できる見込みである。

 現在は各種の無線通信方式のRF回路を試作して,その動作を検証している段階。実用化の時期は決まっていない。「60GHz程度の周波数帯以下であれば,特に通信方式の制限はない。移動通信方式などにも適用可能だ。ただし,必要な送信電力に合わせてパワー・アンプの設計を変えるといった作業は必要になる」(同社)とする。今回の展示では,2.3~2.8GHz帯を想定して設計したチップを使って無線LANで通信する様子を見せていた。

【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ