• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > 【EDSF 2011】DOCEA,アーキテクチャ・レベルで消費電力などを見積もるEDAツールを展示

【EDSF 2011】DOCEA,アーキテクチャ・レベルで消費電力などを見積もるEDAツールを展示

  • 福場義憲=東芝 セミコンダクター社
  • 2011/01/31 21:55
  • 1/1ページ
DOCEA Power社はフランスの新興EDAベンダーで,同社は「ACEplorer」と呼ぶEDAツールを開発・提供している。このツールは,アーキテクチャー・レベルやハードウェア-ソフトウェア協調検証の段階で,消費電力と熱を見積もる。これらの見積もり結果を見て,設計者が最適な動作手順と条件を設定することを想定している。他の熱解析ツールとの協調シミュレーションがオプションで可能になる。日本の代理店はエッチ・ディー・ラボ(本社:神奈川県)が務める。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓