• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > 【EDSF 2011】DOCEA,アーキテクチャ・レベルで消費電力などを見積もるEDAツールを展示

【EDSF 2011】DOCEA,アーキテクチャ・レベルで消費電力などを見積もるEDAツールを展示

  • 福場義憲=東芝 セミコンダクター社
  • 2011/01/31 21:55
  • 1/1ページ
DOCEA Power社はフランスの新興EDAベンダーで,同社は「ACEplorer」と呼ぶEDAツールを開発・提供している。このツールは,アーキテクチャー・レベルやハードウェア-ソフトウェア協調検証の段階で,消費電力と熱を見積もる。これらの見積もり結果を見て,設計者が最適な動作手順と条件を設定することを想定している。他の熱解析ツールとの協調シミュレーションがオプションで可能になる。日本の代理店はエッチ・ディー・ラボ(本社:神奈川県)が務める。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓