COLLEGE 製造業の“本当”を探求
 

【専門記者が振り返る】ものづくり現場の仕事、この1年――「つまらない化」進み、雇い手に対する不信感も

池松 由香=日経ものづくり
2010/12/24 18:35
印刷用ページ
 「給料は上がらないのに仕事は増える一方。この状況、いつになったら改善されるのか」。思わずそんなグチが口を突いて出た技術者も少なくなかったのではないだろうか。2010年は、ものづくりの現場にとって過酷な1年だった。2008年秋のリーマンショック以降、多くのメーカーが人員削減を実施。2010年初に生産が戻り始めてからも、メーカーが人員補充に踏み切ることはほとんどなかった。これによって日本のメーカーが失ったものとは何か。それは、働き手の「心」であったように思えてならない。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング