家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

東京大学,米Intel社と光電子融合技術を共同研究

野澤 哲生=日経エレクトロニクス
2010/12/21 18:53
印刷用ページ

 東京大学 ナノ量子情報エレクトロニクス機構は,LSI間の光インターコネクト技術について,2010年12月に米Intel Corp.と共同研究を開始したと発表した。

 共同で研究するのは,LSI間の光インターコネクトに用いられる「フォトニクス・エレクトロニクス融合技術」といわれる分野。特に,LSI内の光源となるSiチップ上の量子ドット・レーザの開発を目指しているという。

 共同研究の期間は3年間。Intel社から研究助成金として総額50万米ドルを受け取る。既に1年目の分として,14万2000米ドルを受領したとする。

研究成果は公開

 ただし,寄付金は受ける一方で,研究成果は一般に公開し,Intel社が独占することはないという。同機構長で東京大学 教授の荒川泰彦氏は,「大きな研究成果が出た場合,我々が特許を取る可能性はあるが,その場合もIntel社に排他的にライセンス提供するということはない。Intel社に対しては,論文に謝辞があればよい,ということになった」と説明する。

 

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング