• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【IDWプレビュー】日本発の基礎技術で,日本人を元気にしたい――東工大教授・細野秀雄氏

【IDWプレビュー】日本発の基礎技術で,日本人を元気にしたい――東工大教授・細野秀雄氏

  • 田中 直樹=Tech-On!
  • 2010/12/01 07:00
  • 1/1ページ
 次世代のフラットパネル・ディスプレイを駆動するTFT用の材料として注目を集める透明アモルファス酸化物半導体IGZO(In-Ga-Zn-O)。これまでにない大画面・高画質の有機ELテレビや液晶テレビを駆動できる材料として期待を集めている。均一性に優れるアモルファスの状態で,結晶と遜色ない電子移動度を実現できる材料を発見し,世界に先駆けて発表したのが東京工業大学 フロンティア研究センター&応用セラミックス研究所 教授の細野秀雄氏だ。

おすすめ