家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CEATEC】TDK,記録容量1TBの光ディスクを開発

野澤 哲生=日経エレクトロニクス
2010/10/08 19:28
印刷用ページ
中央のディスクが今回の開発品。周囲は,既存の光ディスク何枚で1TBを実現できるかを示している。
中央のディスクが今回の開発品。周囲は,既存の光ディスク何枚で1TBを実現できるかを示している。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
開発品の拡大写真
開発品の拡大写真
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 TDKは2010年10月5~9日に幕張メッセで開催している「CEATEC JAPAN 2010」において,記録容量が1T(1024G)バイトの光ディスクを参考出展した。片面で記録容量32Gバイト,両面で64Gバイト記録できる記録層を16層設けて実現した。現時点で製品となっているBlu-ray Disc(BD)は最大4層だが,これを大幅に増やした格好である。

 16層という多層化を実現できたポイントは,光透過率が高いディスク材料をTDKが独自に開発した点。具体的には,第1層分では光透過率95.1%,16層目でも72.6%の光が透過するという。ただ,この材料は「BDの一部で使われた実績があり,耐久性などの問題はない」(TDK)。加えて,利用するレーザ光も「BDと同じNA(開口数)0.85のビームを使う」(同社)としており,既存のBDの技術の多くが流用できるという。

 データの読み出し速度も,32Gバイトの1層分はBDと同じ。読み出し時のシンボル・エラーレートは,各層およそ1×10-5~1×10-4の間に収まっており,「実用化には問題ない水準」(TDK)という。

 残る課題は,ディスクの厚さ。「Blu-ray Discの規定では記録層を計100μm厚以下にしなければならないが,この光ディスクは,同260μm厚。厚いと光学レンズの収差の問題も出てくる」(TDK)という。

 想定する用途は,家庭用記録メディアのほか,データのバックアップや放送業務など。実用化できるかどうかは「HDDメーカー次第」(TDK)とした。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング