• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【CEATEC】広島大学,半導体チップ間の無線通信技術を乳がんの検診に応用

【CEATEC】広島大学,半導体チップ間の無線通信技術を乳がんの検診に応用

  • 木村 雅秀=日経エレクトロニクス
  • 2010/10/07 21:22
  • 1/1ページ
 広島大学 大学院 先端物質科学研究科 教授でナノデバイス・バイオ融合科学研究所長の吉川公麿氏は,2010年10月7日に開かれたCEATEC併設セミナー「NEテクノロジー・シンポジウム2010」で講演し,半導体チップ間の無線通信技術を,乳がんの検診に応用する手法について説明した。

おすすめ