• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > ALD並みのステップ・カバレッジと拡散炉並みの膜質を両立,Novellusの酸化膜CVD技術

ALD並みのステップ・カバレッジと拡散炉並みの膜質を両立,Novellusの酸化膜CVD技術

  • 長廣 恭明=Tech-On!
  • 2010/08/20 19:40
  • 1/1ページ
 米Novellus Systems, Inc.は,ALD(atomic layer deposition)並みのステップ・カバレッジ(段差被覆性)と縦型拡散炉並みの膜質を両立させた酸化膜形成技術「CFD(conformal film deposition)」を開発したことを発表した。同社のマルチチャンバ型CVD装置プラットフォーム「VECTOR」に搭載でき,32nm以降のトランジスタ形成工程(front end of line:FEOL)やダブル・パターニングに適用できるとしている。
【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ