• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > ALD並みのステップ・カバレッジと拡散炉並みの膜質を両立,Novellusの酸化膜CVD技術

ALD並みのステップ・カバレッジと拡散炉並みの膜質を両立,Novellusの酸化膜CVD技術

  • 長廣 恭明=Tech-On!
  • 2010/08/20 19:40
  • 1/1ページ
 米Novellus Systems, Inc.は,ALD(atomic layer deposition)並みのステップ・カバレッジ(段差被覆性)と縦型拡散炉並みの膜質を両立させた酸化膜形成技術「CFD(conformal film deposition)」を開発したことを発表した。同社のマルチチャンバ型CVD装置プラットフォーム「VECTOR」に搭載でき,32nm以降のトランジスタ形成工程(front end of line:FEOL)やダブル・パターニングに適用できるとしている。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓