• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > 【テクノフロンティア】日本インター,太陽電池向け薄型ショットキ・バリア・ダイオードを製品化

【テクノフロンティア】日本インター,太陽電池向け薄型ショットキ・バリア・ダイオードを製品化

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2010/07/22 21:40
  • 1/1ページ
 日本インターは,厚さが1.7mmと薄いTO-263LPパッケージに封止したショットキ・バリア・ダイオードとファスト・リカバリ・ダイオードを開発し,「TECHNO-FRONTIER 2010」の会場で展示した。太陽電池モジュールにできた影によって発電量が低下することを防ぐために使用するバイパス・ダイオードに向ける。「太陽電池モジュールに取り付けるために,薄型化が求められていた」(同社の説明員)という。同社従来品が採用していたパッケージであるTO-263に比べると,厚さを40%削減した。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ