• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

「iPhone 4」16GBモデルの部品原価は187.51ドル---iSuppliの調査

Tech-On!
2010/06/29 10:25
1/1ページ

 米iSuppliは米国時間2010年6月28日、米Appleの新しい携帯電話「iPhone 4」を分解して調査した原価分析結果を発表した。それによると、米国での希望小売価格199ドルの16Gバイトモデルは、部品原価が推定187.51ドルだった。

 最も高価な部品は韓国LG製の3.5インチディスプレイで、部品原価全体の15.2%を占める28.50ドル。解像度は960×640ピクセルで前機種「iPhone 3GS」より4倍向上した。

 次いで高価だったのは韓国Samsung ElectronicsによるNAND型フラッシュメモリーの27.00ドル(部品原価全体の14.4%)。iSuppliが分解した製品はSamsung製を搭載していたが、他のベンダーからも調達している可能性がある。

 Appleが開発し、Samsungが製造した「A4」プロセッサは10.75ドル。DRAMメモリーもSamsung製で13.80ドル。3軸ジャイロスコープは伊仏合弁のSTMicroelectronicsが供給していると見られ、2.60ドル。

 iSuppliが昨年iPhone 3GSを分析した調査では、部品原価が172.46ドルで、製造費用も含めた原価見積もりを178.96ドルと推計した(関連記事:「iPhone 3G S」の16GBモデル,コストは178.96ドル---iSuppli調べ)、「iPhone 3G」の部品原価は166.31ドル、初代iPhoneは217.73ドルだった。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]

【技術者塾】(2/18開催)
めっきの基礎から最新活用法まで

~製品の性能向上に欠かせないめっきを知ろう!~


電子デバイスにおける微細配線や三次元実装、はたまたバイオやMEMSの微細加工といったさまざまな分野に、めっきの技術が生かされています。あらゆる分野の技術者が知っておきたい、めっきの基礎と最新の活用法について解説します。 詳細は、こちら
日時:2016年2月18日(木)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋
主催:日経ものづくり
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング