• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【iPhone4分解その1】まずはiPhone4を入手

【iPhone4分解その1】まずはiPhone4を入手

  • 日経エレクトロニクス分解班
  • 2010/06/24 14:13
  • 1/1ページ
iPhone4の箱
iPhone4の箱
[画像のクリックで拡大表示]
箱を開けたところ
箱を開けたところ
[画像のクリックで拡大表示]
同梱物
同梱物
[画像のクリックで拡大表示]
micro SIMカードを挿入
micro SIMカードを挿入
[画像のクリックで拡大表示]
左がiPhone4,右がiPhone3GS
左がiPhone4,右がiPhone3GS
[画像のクリックで拡大表示]
厚さを比較した
厚さを比較した
[画像のクリックで拡大表示]

 2010年6月24日,ついに米Apple Inc.の「iPhone4」が発売された。日経エレクトロニクス分解班も,iPhone4を発売日に入手することができた。

 iPhone4が収められた小さな箱を手に持つと,ずっしりと重い感じがした。重さを量ってみると約350gだった。透明の薄いビニール・フィルムを剥がし,箱を開ける。箱の大きさとほぼぴったりのサイズのiPhone4が現れる。その下には,簡単な説明書とイヤホン,パソコンとの接続ケーブル,電源アダプタが収まっていた。

 iPhone4の起動に先立ち,販売店でもらったmicro SIMカードを挿入する。説明書が入っていたケースに細い針状の工具が収められており,それを使ってiPhone4の側面の小さな穴を押す。すると,micro SIMカードを入れるトレイが現れた。そこにmicro SIMカードを置いて基に戻す。

 そして電源オン。アップル・マークが現れた後,パソコンとの接続を促す画面が。パソコンと接続して“アクティベート”完了。編集部の面々は「画面は綺麗だ」「やや重いかな」「薄いなあ」など,口々に感想を述べる。iPhone3GSと比べると確かに薄く,画面も何となく綺麗な感じがする。iPhone3GSの外形寸法が115.5mm×62.1mm×12.3mm,重さが135gに対して,iPhone4は115.2mm×58.6mm×9.3mm,137gである。

 それでは後日,技術者に集まっていただき,分解を行う。分解の様子は,後日お伝えする。

 ちなみに編集部でもiPhone4の購買意欲は高いが,白が出るまで待ちたいという声が多い。しかしApple社から,発売は2010年7月後半になるという発表が…(プレス・リリース)。

なお,今回のiPhone4入手までの軌跡は以下の通りである。

 2010年6月15日15時30分ごろ。秋葉原の大手量販店に到着。行列はなく,店の外の特設カウンターで予約受付番号(310番前後)をもらう。20~21時に再び来店して予約手続きをする必要があるとのこと。いったん会社に戻る。

 2010年6月15日20時15分ごろ。再び来店。特設カウンターのあった場所に30~50人ほどの行列ができている。行列待ちの間に,係の人が希望の端末や料金プランなどを聞いて回る。30分ほど経過したところで,店内に案内されて予約手続き開始。20分ほどで終了。260番前後の受付番号をもらう。店を出たときには,予約のための行列はなくなっていた。この店舗での15日の予約業務は終了したもよう。

 2010年6月23日昼過ぎ。量販店から電話。iPhone4を発売日に入手可能とのこと。好きな時間帯を選べるというので,10時~11時を予約。

 2010年6月24日10時15分ごろ。予約した量販店に到着。行列に並ぶことを覚悟していたが,8時からの当日販売も終了しており,店頭には誰も並んでいない。すぐにカウンターに案内される。20分ほどでiPhone4の入手完了。この店舗では,約290台を予約者用に確保しており,6月15日の予約者は全員が入手できるという。なお,この店舗では予約の受付も再開していた。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓