• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 音波方式タッチ・パネルの技術と展望

音波方式タッチ・パネルの技術と展望

  • 田中 直樹=Tech-On!
  • 2010/06/23 19:04
  • 1/1ページ
 「iPad」や「iPhone」は,2本の指による新しい操作方法と共に,表面をフラットにした斬新なデザインが多くの消費者の心を捉えた。このデザインをいち早く可能にしたタッチ・パネル技術が,iPhoneなどにも採用された投影型静電容量方式である。保護カバー・ガラスの設計やタッチ・パネルとの張り合わせを工夫することで,全面をフラットにした。現在最も多く使われている抵抗膜方式でも,カバー・フィルムを平坦にすることで,同様のデザインを実現できる。
【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ