• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 音波方式タッチ・パネルの技術と展望

音波方式タッチ・パネルの技術と展望

  • 田中 直樹=Tech-On!
  • 2010/06/23 19:04
  • 1/1ページ
 「iPad」や「iPhone」は,2本の指による新しい操作方法と共に,表面をフラットにした斬新なデザインが多くの消費者の心を捉えた。このデザインをいち早く可能にしたタッチ・パネル技術が,iPhoneなどにも採用された投影型静電容量方式である。保護カバー・ガラスの設計やタッチ・パネルとの張り合わせを工夫することで,全面をフラットにした。現在最も多く使われている抵抗膜方式でも,カバー・フィルムを平坦にすることで,同様のデザインを実現できる。
【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ