ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

手書きマルチタッチ入力への次なるステップ ――デジタル抵抗膜方式

田中 直樹=Tech-On!
2010/06/22 14:55
印刷用ページ
10点入力が可能な,フランスStantum社の抵抗膜方式タッチ・パネル
10点入力が可能な,フランスStantum社の抵抗膜方式タッチ・パネル
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米Apple Inc.の「iPhone」が先鞭を付けたマルチタッチ技術。2点検知をするタッチ・パネルを使うことで,例えば撮影した写真を2本の指で自由自在に拡大/縮小できるようにした。簡単な操作性だけでなく,使う“楽しさ”をユーザーに提供した。

 iPhoneで採用されたタッチ・パネルは投影型静電容量方式だったが,抵抗膜方式でマルチタッチ対応に取り組んでいるタッチ・パネル・メーカーがある。フランスのStantum社だ。抵抗膜方式なので,iPhoneとは異なり,指入力だけではなくペン入力にも対応する。また,手袋をした指でも操作可能だ。

 同社は,10本の指を同時に検出できる技術を開発している。タッチ・パネルの平面方向の位置検出だけでなく,タッチ・パネルに触れた時の圧力,すなわちパネル面に対して法線方向の力も検知できる。これにより例えば「タッチ・パネルにそっと触れた時は細い線を描き,強く押した時は太い線を描く」といった操作が可能になる。

 同社は,このマルチタッチ技術をIP(intellectual property)コアとして提供している。既に音楽向けデジタル入力機器などで採用実績があるが,現在は民生機器への搭載に力を入れている(Tech-On!関連記事)。2010年6月30日に開催する日経エレクトロニクス・セミナー「新世代タッチ・パネル」では,抵抗膜方式によるマルチタッチ技術の今後の進展について,同社 Sales and Business Development Director JapanのOlivier Juvanon 氏が解説する(セミナーの詳細はこちら)。

 Juvanon 氏は,「タッチ入力を活用したユーザー・インタフェースを民生機器に応用する動きは,まだ始まったばかり」と言う。新たなビジネス・チャンスをものにするためには,「タッチ・ベースのユーザー・インタフェースによって,どのような新商品を開発できるだろうか?」「どのようなタッチ技術が,それらの商品に必要とされるだろうか?」という問いかけが重要になると指摘する。この二つの問いかけにどう答えていくか。Stantum社の考え方が明らかになる。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング